ハムスターはキンクマやジャンガリアン以外に何がある?おすすめの種類と性格・値段について

ペットとして飼っている方が多いハムスターですが、実は種類も色々あるんですよ。

今回は、キンクマやジャンガリアンといったメジャーな種類の他に、どのようなハムスターがいるのかご紹介していきます。

おすすめの種類の他、性格や値段の相場などについてもまとめていますので、これからハムスターを飼われる方は、参考にしてみてください!

人気のハムスターの種類一覧

ハムスターの中でも人気のある種類は、以下の6種です。

それぞれの特徴について見ていきましょう。

ジャンガリアンハムスター

シベリアンハムスターとも呼ばれている種類になります。

尻尾と足の裏が毛で覆われているという特徴もあり、知名度の高いハムスターです。

カラーバリエーションにも富んでおり、ノーマルカラー以外の種類がたくさんいます。

チャイニーズハムスター

ハムスターはキンクマやジャンガリアン以外に何がある?おすすめの種類と性格・値段について

チャイニーズハムスターは、尻尾が長く体が細いという特徴があります。体長は8〜13cmほどです。

見た目の印象としては、ネズミに近いかもしれません。ノーマルの他、シルバーやホワイトなどのカラーバリエーションとなっています。

ハムスターには珍しく、木登りを得意としています。

おとなしい性格ではありますが、縄張り意識が強く多頭飼いには向きません。

ゴールデンハムスター

ハムスターはキンクマやジャンガリアン以外に何がある?おすすめの種類と性格・値段について

体長は16〜19cmとハムスターの中では比較的体が大きく、ペットとして飼育している人も多いしハムスターです。

頭が良く、トイレも覚えてくれます。

グレー、ブラック、ホワイト、トリコロールなどカラーバリエーションも豊富です。

キンクマハムスター

ハムスターはキンクマやジャンガリアン以外に何がある?おすすめの種類と性格・値段について

ゴールデンハムスターを人工的に改良して誕生したのが、キンクマハムスターです。

人懐っこくて穏やかな性格をしています。

体長は18cmくらいです。

アプリコットのような優しい毛色も人気のポイントになっています。

キャンベルハムスター

ハムスターはキンクマやジャンガリアン以外に何がある?おすすめの種類と性格・値段について

あまり聞きなれない種類のハムスターかもしれません。

警戒心がかなり強いので、人に慣れるまでには時間と根気が必要です。

体長はオスが7〜12cm、メスが6〜11cmほどで、メスの方が小さめです。

イエローやブルー、黒っぽい色のノンアグーチなどカラーバリエーションにも富んでいます。

ロボロフスキーハムスター

ハムスターはキンクマやジャンガリアン以外に何がある?おすすめの種類と性格・値段について

ロボロフスキー氏によって発見されたハムスターです。

好奇心旺盛でとても活発である反面、臆病な面も持ち合わせています。

多頭飼いに適しているので、複数のハムスターを飼育したい方におすすめです。

体長は7〜10cmくらいです。

ハムスターの価格相場は800円~3,000円

ハムスターの価格の相場は、800円〜3,000円と、一般的なペットの価格として考えるとかなり安めの設定になっています。

種類や大きさ、毛並みなどによって値段が変動することは多々あります。

毛色が珍しかったり、オッドアイだったりすると1万円を超えることもあるようです。

その他の種類のハムスター

先ほどご紹介させていただいた他にも、たくさんの種類のハムスターがいます。

それぞれの特徴についてまとめてみました。

ブラントハムスター

体長は17〜23cmほどです。

ゴールデンハムスターにそっくりではありますが、体はブラントハムスターの方が少し大きめ。

胸元の毛が黒っぽくなっているのが特徴です。

人に慣れるまで時間を要します。

ペットと言うよりも、実験用として飼育されているハムスターになります。

ニュートンハムスター

体長は、14〜18cmほど。

絶滅の危機にある貴重なハムスターなので、ペットとして販売はされていないようです。

縄張り意識が強く、多頭飼いに向いていません。

カンガルーハムスター

とても大きな耳が特徴のハムスターで、10万円近くの高値で販売されています。

体長は、7〜8cmほど。

カンガルーのように跳ねて飛び回ります。

7〜9年生きるので、比較的寿命も長いハムスターです。

クロハラハムスター

お腹が黒いハムスターで、大きさはモルモットと同じくらいです。

噛む力も強く、凶暴な性格をしているので、危険を伴うこともあります。

後ろ足を器用に使って立ったりすることもできます。

ダルメシアンハムスター

ホワイトをベースに、ブラックやグレーの模様が特徴的なハムスターです。

ゴールデンハムスターを人工的に改良して誕生しました。

体長は、13〜18cmくらいになります。

珍しい種類のハムスターなので、販売されていることはほとんどありません。

トリトンハムスター

トリトンハムスターは、ペットとして飼われることは少ない品種です。

体の大きさはゴールデンハムスターよりも少し大きめで、平均体長は18〜35cm。

とても人懐っこい性格をしています。

大きくて可愛らしい目が人気のポイントです。

パンダハムスター

その名の通りパンダのような見た目が可愛らしいハムスターです。

販売価格は、5,000円前後とハムスターにしては高い方になります。

パンダハムスターという品種がいる訳ではなく、様々な種類のハムスターの毛色に現れてそう呼ばれるようです。

性格は個体によって変わります。

ブラックハムスター

全身が黒いブラックハムスターは、クールな印象でとても綺麗です。

体長は、13〜18cmくらい。

とても珍しい種類のハムスターで、なかなかお目にかかることはできません。

アルメニアンハムスター

灰色の毛色なので、ハイイロハムスターでと呼ばれることもあります。

ペットとして飼われるというよりも、実験動物として飼育されることが多いようです。

体長は10〜12cmくらいで、性格はとても臆病です。

トリコロールハムスター

ゴールデンハムスターを改良して誕生したのが、トリコロールハムスターです。

見た目は三毛猫のような感じで、体長は13〜18cmくらい。

とても珍しい種類なので、ペットショップにも出回っていません。

スナネズミ

ペットとして飼いやすく、初心者にもおすすめです。

体長は、10〜18cmくらい。

夜行性ではなく、昼間に活動しています。

他のハムスターのようにトイレは覚えてくれません。

シルバーパールジャンガリアン

体長は8cmくらいで、かなり小柄です。

性格はとてもおっとりしています。

お腹の毛は白く、全体の毛色もクリーム色で淡い色合いがとても綺麗です、、

珍しい種類のハムスターになります。

キャンベルハムスター

見た目は、ジャンガリアンハムスターにそっくりですが、キャンベルハムスターの方が大きめです。

アルビノ、ブルー、イエローなどカラーバリエーションも豊富です。

とても活発に行動しますが、臆病なので人にはなかなか懐いてくれません。

飼いやすいハムスターの種類と性格

ジャンガリアンハムスターは、人懐っこい性格をしているので、初心者の方にもおすすめです。

元々は臆病な性格でもあるので、慣れるまでは時間がかかります。

警戒心を与えないためにも、少しずつスキンシップを取っていくと良いですよ。

ゴールデンハムスターも体が丈夫で賢い子が多い傾向にあるので、飼いやすい種類と言えます。

大型ハムスターの種類はクロハラハムスターとトリトンハムスター

ハムスターの中でもクロハラハムスターとトリトンハムスターは、大きめです。

大きいハムスターの方が体も丈夫で育てやすいので、初心者向きですよ。

トリトンハムスターの方が性格は穏やかです。

ハムスターの種類まとめ

ハムスターにも、こんなにたくさんの種類がいて驚かれた方も多いのではないでしょうか?

犬や猫などとは違って寿命も短いので、限られた時間を思いっきり楽しんで育てていきたいですよね。

お気に入りのハムスターがいたら、家族として迎え入れることを検討してみてくださいね。