ペットの遺伝子検査キット口コミレビュー!愛犬がなりやすい病気を調べてみた

愛犬の定期的な健康診断は受けていることと思います。

でも定期健診だけでは病気のリスクは分かりませんよね。

病気は早期発見に越したことはないので、まずはどういうリスクを持っているのかを把握することが大切です。

そこでおすすめなのが、遺伝子検査キット

海外では、定期健診と同じように気軽に利用している飼い主さんがたくさんいます。

病気のリスクを正しく把握することで、健康と長生きをサポートできるようになりますよ。

今回は、遺伝子検査キット「Pontely」をご紹介させていただきます。

どのようなことが調べられるのか、なぜPontelyをおすすめするのか等について分かりやすくまとめていますので、参考にしていただけると幸いです。

【Pontely】遺伝子検査キットでわかること

  1. 愛犬の遺伝性疾患のリスク
  2. なりやすい病気に対して事前に対策ができる
  3. 病気が発症した時の対処方法がわかる

遺伝子検査キット「Pontely」を使えば、以下のことが分かります。

病院に行かなくても手軽に使えるのは、有難いですよね。

1.愛犬の遺伝性疾患のリスク

犬種によって、かかりやすい病気には傾向があります。

最終的には個体差が一番大きな影響を与えるので、遺伝子検査は遺伝性疾患を調べるのに有効です。

遺伝子の傾向を知ることで愛犬の病気のリスクを把握し、もしもの時のために備えておくことができます。

2.なりやすい病気に対して事前に対策ができる

遺伝性疾患は治療費が高額になってしまうことがほとんどなので、事前に予防をしてくと経済的な負担も楽になります。

もちろん、愛犬の健康を長くサポートするという意味でも有効です。

今は元気いっぱいで病気のリスクが感じられなかったとしても、将来に備えて調べておく価値はあるでしょう。

3.病気が発症した時の対処方法がわかる

急に聞いたこともないような病気にかかってしまうと、まず病気のことを知るところからスタートしなければなりませんよね。

しかし、遺伝子検査キットで事前に病気のリスクに備えておけば、病気に関する知識についてもゆっくり時間をかけて身に付けていくことができます。

早期発見は早期治療にも繋がりますし、正しい対処法を講じることで愛犬の負担を軽くしてあげることもできるでしょう。

Pontely遺伝子検査キットが優れている4つのポイント

  1. 判定結果が最短レベルの約2週間!
  2. 検査結果はWEBで確認!
  3. 検査項目がシンプル!
  4. 初回のサンプル採取で追加検査可能!

遺伝子検査キットにも、様々な種類があります。

その中でも、Pontely遺伝子検査キットが優秀だと言えるポイントが4つありますので、ご紹介します。

1.判定結果が最短レベルの約2週間!

Pontelyは、愛犬の口の中の粘膜を採取するだけでOK!

他社の遺伝子検査キットの場合は、結果を受け取るまでに早くても1ヶ月以上かかってしまいます。

しかし、Pontelyの場合はなんと約2週間という驚異的なスピードなんです。

犬は、人間よりも老いのスピードが早いので、1日でも早く結果を受け取っておきたいですよね。

これだけスピーディーな対応ができる遺伝子検査キットは、他ではなかなか見つからないでしょう。

2.検査結果はWEBで確認!

遺伝子検査キットの結果は、書面が郵送されるというケースがほとんどです。

Pontelyの場合は会員登録をした上で、会員ページでお知らせしてもらうことができます。

紙だと邪魔になってしまって間違えて捨てるリスクもありますし、保管しておいたつもりでも何処に置いたか分からないという状況になることも考えられます。

紙で欲しい場合は、Webページを印刷すれば良いですし、いつでも好きな時に閲覧できるのは良いですよね。

結果が郵送だと配送に時間もかかりますが、Webであればタイムリーに見ることができます。

3.検査項目がシンプル!

遺伝子疾患は、犬種ごとに様々な種類があるので、どうしても複雑になりがちです。

せっかく検査をしたのに、結果がイマイチよく分からないなんていうこともあります。

Pontelyの場合は、犬種を入力するだけで大丈夫。

とてもシンプルで分かりやすいので、特別な知識がなくても心配いりません。

犬種に応じて獣医さんおすすめの検査項目を選ぶことができるので、シンプルで分かりやすくなっています。

4.初回のサンプル採取で追加検査可能!

初回の検査では、口の中の粘膜を送っておく必要があります。

このサンプルは、その後の追加検査に使用してもらうこともできるんです。

万が一、追加で調べたい検査があった場合、またキットを取り寄せて検査をしなければならないというのが通常の対応なのですが、Pontelyは手軽に追加検査ができます。

しかも、郵送などのやり取りは一切不要で、Web上で申し込みが完了します。

検査結果についても初回と同様に、Webの会員ページで確認ができます。

無駄がなくて対応も早いので、気軽に追加検査を申し込むことができますよね。

Pontely遺伝子検査キットでよくある疑問

便利で分かりやすいPontelyですが、利用したことがないとやはり様々な疑問が湧いてくるのではないでしょうか。

Pontelyに関してよくある質問についてまとめています。

1.粘膜を採取するのは危険ではないのでしょうか?

危険ではありません。

注射などをする訳ではないし、出血や痛みを伴うこともありません。

愛犬に負担なくご利用いただけます。

2.本当に正確な結果は出るのでしょうか?

はい

愛犬から分泌されている粘膜を直接採取するので、きちんと正しい結果が出ますので、ご安心ください。

3.ペットの遺伝子検査費用・料金はどれくらい?

検査項目毎に5,000円

Pontelyは業界の中でも破格の価格設定になっています。

値段が安いとちゃんと調べてもらえていないのではないかとご不安に思われる飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

アニコム先進医療研究所㈱という遺伝子検査の実績がある会社へ業務委託をしているので、安心です。

アニコムはペット保険最大手の会社でもあるので、決して怪しくもないですよ。

>>詳しくはこちら

4.遺伝子検査キットは最短何日で結果がわかるの?

最短で2週間

遺伝子検査キットの結果は、最短で2週間とお考えください。

中には数ヶ月かかる会社もあります。

早ければ早いことに越したことはないのですが、数時間~数日で結果を出すのは難しいというのが現状です。

5.遺伝子検査キットで結果がわかったらどうすればいい?

「アフィクテッド」の場合はかかりつけ医に相談

両親から正常な遺伝子を引き継いでいる場合は「クリア」、正常型と変異型の組み合わせの場合は「キャリア」、変異型と変異型の組み合わせの場合は「アフィクテッド」に分類されます。

変異型を持って生まれている場合は、遺伝病が発症するリスクを抱えているということになります。

あくまでも可能性の話であって、必ずしも発症するということではありません。

まずは、検査結果をもってかかりつけ医に相談してみましょう。

6.遺伝子検査キットを使用する際に愛犬は嫌がりませんか?

嫌がる場合もあります

愛犬に遺伝子検査キットを使用する際は、口の中に異物を入れるようなものなので、嫌がる場合もあります。

そんな時は無理せずに、次の機会をうかがってみてください。

遊びの延長のような感じで戯れながらトライしてみると上手くいくこともあります。

押さえつけて無理矢理やるようなことがないようにしましょう。

7.遺伝子検査キット使用後にペット保険に問題なく加入できますか?

加入はできますが、保険会社によります

大手各社、保険に関する取扱いは異なります。

先天性疾患の場合は対象外となることもありますし、遺伝性疾患が保険加入後に発症したのであれば保険適用となることもあります。

遺伝子検査キットを使用しても、まだ発症していなければ、加入自体には問題はないでしょう。

しかし、遺伝性疾患自体が保険適用の対象外となるケースもあるので、最初から遺伝性疾患も保険適用の対象となる保険会社を選んでおくと安心です。

8.遺伝子検査キットは安全性は確かですか?

やり方を間違わなければ安全です

愛犬の粘膜を採るということ以外は、特に何の負担もないので、安全性は確かだと言えます。

キットが愛犬に何らかの害を与えるようなことはありません。

初めてで不安な飼い主さんもいらっしゃるかとは思いますが、ご安心ください。

Pontelyの遺伝子検査の値段・料金価格

犬種ごとにおすすめの3種類を検査する場合は14,000円ですが、2019年3月31日までのキャンペーン中は13,000円にて受けられます。

1つの遺伝子疾患の検査だと5,000円がキャンペーン価格で4,500円に。

実際にPontelyを使用してみた

ペットの遺伝子検査キット口コミレビュー!愛犬がなりやすい病気を調べてみた2

申し込みすると2日程度でキットが届きます。

中身は返信用封筒と遺伝子検査キット

遺伝子検査キットご利用説明書が入っていました。

こちらに詳しいことが載っています。

綿棒のようなものが入ったこちらの筒が検査キットになります。

ペット用遺伝子検査キットSTEP1

内容物を確認します。

全部入っていました!

ペット用遺伝子検査キットSTEP2

遺伝子検査キットを開封します。

普通にひねるだけでした。

そしたらいよいよペットの口からサンプル採取です!

行きますよ・・・。

うちの犬は少し嫌がりました。

歯磨きの要領でゆっくり口に入れましたが、10回回すのはちょっと難しかったです。

ペット用遺伝子検査キットSTEP3

あとは返送するだけ!

封筒の中には緩衝材のようなプチプチ仕様になっていました。

封筒の口はテープを剥がすだけで接着できるようになっています。

あとはポストに投函すれば完了!

ペットの遺伝子検査結果はWEBで確認!

送ってから2週間程度で結果が出ます。

その間に自分のペットの顔写真や名前などを登録します。

※結果が出次第追記いたします。

ペットの遺伝子検査がおすすめな理由まとめ

ペットの遺伝子検査をしておくと、いざという時に役立ちます。

悪い情報ほど、先に知っておいて損はありません。

事前に対策をしておくこともできますし、獣医さんと連携を取っておけば早期に対応ができるようになります。

できるだけ長生きをして欲しい、健康でいて欲しいと願うのであれば、一度遺伝子検査キットをお使いになってみてはいかがでしょうか。