【保存版】犬が食べても良い食べ物とダメな食べ物完全ガイド

【保存版】犬が食べても良い食べ物とダメな食べ物完全ガイド

SHARE

【保存版】犬が食べても良い食べ物とダメな食べ物完全ガイド

人間と暮らしている犬は、人間の食べ物に接する機会が多くあります。

飼い主さんが直接与えたり、犬自身が食べてしまったというケース。

食事の時に愛犬が近くに来て、愛くるしい目で見つめられるとついおかずのお肉をあげたり、ビールを舐めさせてはいませんか?

コーヒーやココアのカップをテーブルに置いたまま離席した間に、舐められていたということもあります。

その他、野菜かごに入れていた玉ねぎを食べてしまった。ちょっと目を離したスキに、お鍋のネギを食べてしまったという例がたくさんあります。

何故飼い主さんの食べ物を食べてしまうのでしょうか。

ドッグフードしか与えていない犬は、人間の食べ物を食べることはありません。

飼い主さんが、ついつい食べさせてしまった結果なんです。

ドッグフードがない時代の犬は、人間と同じ物を食べていました。

犬は雑食なので、基本的には人間と同じ食べ物でも問題はないように思えますが、人間には無害でも犬には有害な食べ物はあります。

最悪の場合は死に至るケースも。

そこで、どんな食べ物に危険性があるのか調べてみたのでご紹介します。

絶対に食べてはダメ!死亡する可能性がある食材一覧

  • ネギ科の植物(たまねぎ・ネギ・ニラ・らっきょう・にんにく)
  • チョコレート
  • ココア
  • ぶどう
  • レーズン
  • アボカド
  • アルコール類(ビール・アルコール含有食品)
  • キシリトール

これらは絶対に食べさせてはいけない食べ物一覧です。

含まれる成分により中毒を起こし、最悪の場合は死に至ってしまいます。

症状としては、ネギ類は赤血球を破壊して貧血、チョコレートは嘔吐、下痢や神経症状、ぶどうやレーズンは腎不全を起こしてしまいます。

アルコール類に関しては、ゴリラやチンパンジーは飲み会をしていると言われますが、犬はアルコールを分解する酵素をもともと持っていないので重度の中毒症状を引き起こし、命を落とす危険性も。

チワワなどの超小型犬だと、一口舐めただけでいきなり体調が急変することがあります。

私たちがよく食する食材なので、十分に気を付けてくださいね。

⇛絶対に食べてはいけない食べ物の詳細はこちら

犬が過剰摂取すると危険な食材

犬が過剰摂取すると危険な食材

  • 貝類(アワビ・サザエ)
  • マカダミアナッツ
  • 生の豚肉
  • スルメ
  • カニ
  • エビ
  • イカ
  • タコ
  • 生卵の白身
  • 人間用のソーセージ・ハム
  • 人間用の乳製品
  • お茶
  • 紅茶
  • コーヒー
  • お味噌汁

過剰摂取すると危険だとされる食材一覧です。

アレルギーを発症したり、体調を崩してしまいます。

では、誤って危険な食べ物を食べてしまった場合は、どのように対処したらよいのでしょうか。

⇛犬が過剰摂取すると危険な食材の詳細はこちら

食べてはダメのもの食べてしまった時は動物病院へ

【保存版】犬が食べても良い食べ物とダメな食べ物完全ガイド

急性の場合は6~24時間で死に至ることもあります。

すぐには症状が出なくても数時間経って症状が出ることも。

食べてはダメなものを食べてしまった場合は、すぐに獣医師に診てもらいましょう。

1.素人判断は危険!速やかに動物病院へ

お鍋を囲んで一家団欒の楽しい食事のとき、ちょっと目を離した隙に愛犬がお皿のネギを一つ食べてしまいました。

少しくらいなら大丈夫だろうという素人判断は大変危険!

人間にとってはたった一口でも、犬にとっては致死量になることもあります。

症状が出てから病院へ連れていって、すでに手遅れというケースもありますから、すぐに動物病院に連れていってください。

2.何を食べたか?いつ食べたか?どのくらい食べたかを正確に伝える

危険な食べ物を食べた時は、獣医師から適切な判断を受けるためにも的確な説明をしなければなりません。

何を食べたから下痢や嘔吐を起こしたか、いつ食べてから症状が出たか、どれくらい食べたのかを正確に伝える必要があります。

3.夜の場合は夜間病院を受診する

小さな体ですから死に至るまでの時間は限られていますから、少しでも早く、対処する必要があります。

動物病院が閉まってから症状が出た場合は、朝になったらかかり付けの先生に診てもらおうなどと、のんびり構えていてはいけません。

動物の場合も、夜間に診察をしてくれるシステムが整っているので、症状が出たらすぐに夜間病院で診察を受けさせてあげてください。

拾い食い防止のトレーニングを行うことは重要

散歩時や調理、食事の際に落としてしまったものを食べてしまうこともあります。

食べ物が落ちていても拾い食いをしないようにしつけることが大事。

「おあずけ」「待て」で犬の行動を阻止し、「よし」と認めたもののみ口にさせるように、日ごろからトレーニングをしておきましょう。

他にも犬のアレルギーの要因になる食材は注意!

アレルギーの要因になる食べ物にも気をつけましょう。

特に食物アレルギーの原因とされている小麦グルテンが含まれるパン、麺類やお菓子は、消化が悪いとされるものは、愛犬の健康を阻害してしまうので、注意が必要です。

また、人間用の食べ物は栄養の過剰摂取になりやすく危険。

人間の食べ物には、人間レベルの添加物、塩、砂糖などが含まれています。

犬が直径が4cmくらいのビスケット1枚を食べると、ハンバーガー1個分のカロリーを摂取すると獣医さんから聞きました。

人間にとっては少量でも、犬にとっては過剰摂取になるという危険性があります。

犬の食物アレルギーの原因の食べ物・食事一覧!症状・検査費用も解説

犬は肉食であるため野菜・果物類にも注意が必要

犬に野菜・果物を与える場合は、与え方の注意が必要となります。

消化を良くするためにボイルしたものを、食べやすいように固形の状態で与えましょう。

少量なら安心!犬に与えても良い食べ物一覧

肉や魚はドッグフードの原材料でもあるので、以下の肉や魚は少量ならば与えても安心だと言えます。

ただし、過剰摂取はカロリーオーバーになることから、大量に与えないことが前提となります。

犬が食べても良い肉・魚類

  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏肉
  • 羊肉(ラム肉)
  • サバ
  • サンマ
  • アジ
  • タラ

肉や魚を与える際は、肉は脂肪分を除去するためにボイルしたり、トースターなどで焼いてあげると良いですよ。

⇛少量なら安心与えても良い食べ物の詳細はこちら

犬が食べても良い野菜・果物類

  • さつまいも
  • キャベツ
  • カボチャ
  • 大根
  • 大豆
  • バナナ
  • イチゴ
  • リンゴ

犬は、肉食なので野菜や果物は食べさせなくてもいいという説もあります。

でも動物が健康であり続けるためには、野菜・果物に多く含まれるビタミン類も必要な栄養素です。

犬が直接作ることができないものもあるので補助食として与えてもいいし、おやつやしつけのご褒美として使えば、添加物が入ったおやつより安心して与えられます。

犬に与えて良い・悪い野菜&果物一覧!玉ねぎ以外にあげちゃいけない食べ物って?

このページのまとめ

犬が食べても良い食べ物とダメな食べ物完全ガイド

犬には、ドッグフード以外に人間の食べ物を与えても良いものと、危険なものがあります。

いつ危険な人間の食べ物を摂取してしまうか、状況も見えません。

このような綱渡りをするよりは、人間の食べ物は与えず、栄養面や安全性に優れた総合食としてのドッグフードを選ぶのが一番だと言えます。

参考

ドッグフードおすすめランキング健康に良い無添加ドッグフードおすすめランキング