犬に与えてはいけないダメな野菜・果物(フルーツ)&食べもいい食材まとめ

犬に与えても大丈夫な野菜

人には問題ない食材であっても犬が食べると危険な食材なものがあります。

中には命の危険が及ぶものだとタマネギが有名ですが、実際にはそれ以外にも注意するべきものも。

それとは逆に与えても問題ない野菜や果物もあるのでご紹介します。

犬は中身に危険な成分があっても食べてしまう事が考えられるので、飼い主や家族としては犬にとって危険なものに関してはよく理解しておくようにしましょう。

犬に絶対与えてはいけないで有名な玉ねぎ

犬に絶対与えてはいけないで有名な玉ねぎ

犬に絶対食べさせてはいけない食材としてはタマネギをはじめとするネギ類があります。

ネギ類にはアリルプロプルジスルファイドと呼ばれる成分が含まれています。

この成分は全身に酸素を供給する赤血球を破壊する事が分かっています。

その結果として、溶結性貧血やハインツ小体性貧血を発症しやすくなります。

致死量に関しては詳細にはわかっていませんが、一般的には20g/1㎏とされていて、大量に摂取すると死亡する危険性があります。

アリルプロプルジスルファイドは加熱しても危険度が解消されるわけではないので、犬には絶対に与えないでください。

中には少量であれば問題ない事もありますが、どのくらいで問題が出てくるかわかってはいないので絶対に与えないようにしましょう。

犬に野菜や果物を与える場合は注意が必要

犬は食べても大丈夫な野菜や果物は存在していますが、逆に食べてはいけないものもあります。

犬は自分から野菜や果物を探して食べる事は基本的にはないので、食べる際には必ず飼い主や家族などの人の手が加わっています。

飼い主や家族は愛犬に食べさせて良い野菜や果物と食べさせてはいけない野菜や果物がある事を理解していきましょう。

意図はなくても、犬が盗み食いをしてしまう事も考えられます。

犬が食べてはいけないものを犬が届く場所に置いたり、廃棄する皮などを犬の口が届く位置にはおかないようにする事も大切です。

犬に与えてはいけない野菜

犬に与えてはいけない野菜としては、タマネギをはじめとするネギ類の他にも注意するべき野菜はあります。

アボカドにはペルジンという毒性物質が含まれている為に生も過熱しても食べさせてはいけない野菜です。

同じく銀杏メチルビリドキシンという中毒物質が存在し、加熱してもなくならないので犬には食べさせないようにしましょう。

タケノコも与えないほうがいいです。栄養価値がそれほどなく、消化も悪いのデメリットがほとんどない食材といえます。

キノコ類もそれほど危険視するものはないですが、栄養価値も少なく、消化も悪いので与えるべきではないといえます。

犬に与えても大丈夫な野菜

犬に与えても大丈夫な野菜

犬に食べさせて良い野菜としては、キャベツ・白菜・レタス・ジャガイモ・サツマイモ・きゅうり・トマト・ニンジン・大根・ブロッコリー・かぼちゃ・パセリと言った野菜は犬が食べても問題はありません。

これらの野菜は基本的に食べさせても問題ないですが、茹でてあげると消化がしやすくなり、より食べやすくなります。

茹でたり、加熱した方がいい野菜もあるので、野菜を与える際には茹でる若しくは過熱をしてから与えた方が無難です。

犬に与えてはいけない果物・フルーツ

果物は野菜とは違ってそれほど危険視する果物は少ないですが、それでも注意しないといけないものもあります。

イチジクは葉や皮にソラレンフィシンという毒性物質があり、生でも加熱しても食べさせないようにしましょう。

グループフルーツにもソラレンという毒性物質があるので、食べさせる際には果肉部分であれば問題ありませんが、皮などは食べさせないようにしましょう。

犬に与えても大丈夫な果物・フルーツ

犬に食べさせて良い果物としては、バナナ・イチゴ・カキ・梨・リンゴといったものがあります。

適量を守れば犬に与えても問題はありません。

犬に積極的に与えたい野菜・果物まとめ

キャベツは生でも食べる事ができ、食物繊維としても有効な食材ですが、生だと戻す事もあるので茹でてあげるといいようです。

消化しやすい野菜としてはサツマイモがあります。

ドッグフードの中でも使用される事がある食物繊維が豊富な食材で、便秘対策に有効です。

柿や梨、リンゴなどは犬にとっても有効な水分補給や栄養補給にもなるので食べさせたいものですが、カロリーが高いので食べさせ過ぎには注意しましょう。

犬に絶対与えちゃだめな野菜・果物まとめ

アボカドや銀杏などの中毒を引き起こす物質が含まれているものやタマネギを含めたネギ類などは最悪の場合は死ぬこともあるので与えてはいけません。

料理中や置いていて食べられてしまって、中毒を引き起こしてしまったという事がないようにする事も大切です。

野菜同様に皮などに中毒を引き起こす物質が含まれているものは与えないようにする事と盗み食いなどをしないようにしましょう。