トイプーの飼い方徹底解説!トイプードルを飼うときに気をつけたいこと

トイプーの飼い方徹底解説!トイプードルを飼うときに気をつけたいこと

人気の犬種ランキングでも常にトップ入りを果たしているトイプードル。

人気も定着しつつありますが、その可愛さにメロメロになってしまう方は未だに増加傾向にあります。

ペットは、ただ可愛いからといって勝手に育ってくれるものでもありません。

トイプードルに限った話ではありませんが、今回はトイプーの飼い方や飼い主さんとして注意すべきポイントについてまとめてみました。

これからトイプーを迎え入れる予定のある方は、特に参考にしていただければ幸いです。

トイプードルを飼う前に知っておきたいこと

トイプーの飼い方徹底解説!トイプードルを飼うときに気をつけたいこと

トイプーを飼うにあたって、飼い主さんには是非知っておいて欲しいことがいくつかあります。

各項目ごとに要点をまとめていますので、読んでいただければ幸いです。

トイプーの性格

  • 賢い
  • 従順
  • 甘えん坊

トイプーは、とっても賢いのでしつけがしやすく初心者の方でも安心して飼い始めることができます。

飼い主さんにも従順で、親しみを持って接してくれます。

毛色によって多少の性格の違いはあるものの、基本的には賢さと従順さを持ち合わせています。

そして、すごく甘えん坊です。

その可愛さに甘やかし過ぎてしまうと、飼い主さんよりも自分の方が立場が上だと思うようになってしまい、言うことを聞かなくなってしまいます。

時には厳しくしつけることも必要になってきますが、デリケートなところもあるので、叱る時と褒める時のメリハリをつけるようにしましょう。

トイプードルの性格は賢いのに甘えん坊!小型犬で1番人気の理由は性格の良さだった?

トイプーの散歩

犬を飼う上で大変なのが、散歩の時間の確保です。

毎日のことなので大変だとは思いますが、適度に体を動かす時間を作ってあげないとストレスも溜まり、あらゆる病気の原因となってしまいます。

トイプーの場合は、1日に2回散歩に行くのがベスト。

1回あたりの散歩の距離は、1〜2kmを目安としてみましょう。

まとまった時間が確保できない時は、1回の散歩時間を短くして回数を増やすなどの工夫をしてみてください。

あまり回数にこだわり過ぎずに、飼い主さんとワンちゃんが楽しい時間を過ごせるようにしましょう。

トイプーの寿命

トイプーの寿命は、16歳くらいが目安になります。

元々小型犬の方が大型犬よりも寿命は長い傾向があるのですが、その中でもトイプーは長寿の部類に入っているんです。

飼い主さんによる飼育環境や病気の早期発見、定期健診などが長寿のカギになるので、日頃から体調管理に気を付けるようにしましょう。

きちんとサポートをしてあげれば、それだけ長生きが期待できます。

ちょっとした異変にも気付くことができるように、日頃からコミュニケーションを大切にしてください。

トイプーがかかりやすい病気

  • 膝蓋骨脱臼
  • 涙やけ
  • 緑内障
  • 白内障
  • 外耳炎

トイプーは、他の小型犬と比較しても膝蓋骨脱臼になりやすい傾向があります。

外傷が原因になることもあるのですが、遺伝的な要素も強いとされています。

肥満になると重くなった体重の分、膝に負担もかかるので太らないように気を付けてください。

高いところからのジャンプやフローリングでの運動なども要注意です。

散歩に行って外でたくさん遊ぶことで、筋肉もしっかりしていくので、膝蓋骨脱臼になりにくい体を目指していきましょう。

また、涙やけも起こしやすく飼い主んの悩みのタネになることも少なくありません。

食事が原因になっていることもあるので、アレルギーを引き起こしにくいドッグフードに切り替えることも一つの解決方法です。

アレルギー対応ドッグフードおすすめランキング!低アレルゲンの犬用の餌

その他、緑内障や白内障、外耳炎にもなりやすいので気を付けて様子を見てあげてくださいね。

トイプードルを購入するには?

トイプーの飼い方徹底解説!トイプードルを飼うときに気をつけたいこと

トイプードルを飼うと決めたら、ペットショップや専門のブリーダー、もしくは里親募集などで探してみると良いですよ。

トイプードルは人気の犬種なので、あまり苦労することなくお気に入りの子が見つかる確率がとても高いです。

価格の平均相場は、20〜30万円。

スタンダードに近ければ近いほど値段は上がり、ミスカラーや噛み合わせが悪いといった要素があると値段は下がります。

個体差が一番大きく影響するようです。

今すぐトイプードルを探す

トイプーのしつけ方について

トイプーの飼い方徹底解説!トイプードルを飼うときに気をつけたいこと

しつけというのは、芸を覚えさせるというものではなく、人間と一緒に生きて行く上でのルールを教えてあげることです。

しつけをする上で一番大切なのは、ワンちゃんよりも人間の方が立場が上だということを教えておくこと。

この主従関係が崩れると、しつけは上手くいきません。

そして、ダメなことをはっきりと言葉で伝えましょう。

きちんとできた時は思いっきり褒めてあげて、メリハリをつけるようにしてください。

トイプードルの毛について

トイプードルの毛には、巻き毛のカーリータイプと緩いウェーブのコーテッドタイプがあります。

基本的にアンダーコートの少ないシングルコートであることがほとんどです。

シングルコートは抜け毛が少ない代わりに、寒さに弱いので冬場の防寒はしっかりしてあげてください。

また、毛玉もできやすいので毎日のブラッシングは欠かせません。

トイプーの留守番について

トイプーはペット用として改良された犬種で、とてもフレンドリーで人と接することを好むので、留守番に向いているという訳ではありません。

飼い主さんも外で働いていたり用事があったりして長時間家を空けることはありますよね。

まずは短い時間から慣れていけるようにして、徐々に時間を伸ばしていくようにしましょう。

そして、帰宅したら遊ぶ時間を作ってあげて、たくさん褒めてあげてくださいね。

トイプードルのケアについて

トイプーのクルクルとした被毛は、汚れが付きやすいためシャンプーは欠かせません。

目安としては、2〜3週間に1回くらいになります。

あまり頻度を上げても必要な皮脂も洗い流してしまうことになるので、適度な範囲で実践してみてください。

  1. ブラッシング
  2. ぬるま湯につけならが泡立ててシャンプーする
  3. 爪切り
  4. カット

シャンプー前にはブラッシングをして余計な抜け毛などを取り去り、35〜38度くらいのぬるま湯につけながら、シャワーを使って泡立てましょう。

ブラッシングも、基本的には毎日欠かせません。

爪切りは月に1回程度で、フローリングに引っかかるような音がすると伸びすぎのサインです。

カットの頻度も月に1回ほどで、その時その時のやりたいカット方法を楽しんでみてください。

色々なカットができるのも、トイプーを飼う醍醐味ですよ。

【トイプードル】アフロヘアーの作り方!おしゃれカットするやり方まとめ

トイプーにおすすめのドッグフード

栄養バランスにも優れていて、ワンちゃんが喜んで食べてくれるドッグフードと言えば、モグワンです。

モグワンはヒューマングレードでもあるので、まるで手作りかのような美味しさなんです。

グレインフリーで無添加なので、アレルギー反応も起こしにくく、涙やけ対策にもなります。

体の小さいトイプーの栄養の消化吸収もしっかりサポートしてくれるので、自信を持っておすすめします!

モグワンのレビュー記事はこちら

トイプーの飼い方まとめ

トイプーを飼うにあたり、最低限知っておくべきことについてご理解いただけましたでしょうか?

飼い主さんとしてできるサポートがきちんとできていれば、きっと健康に長生きしてくれるはずです。

日頃からのコミュニケーションを大切にしてくださいね!

トイプードルのドッグフード人気ランキング!評判が良いおすすめの餌の選び方