実はゴミでできている?絶対に避けたいキャットフードの原材料の成分とは

こちらのタイトルに驚かれた方も大勢いることと思います。

信じられないことではありますが、あまり何も考えずにキャットフードを選んでしまうと、こういったことがあり得ることは事実。

こちらで詳しくご紹介させていただきます。

キャットフードは食品ではない

実はゴミでできている?絶対に避けたいキャットフードの原材料の成分とは

大手メーカーが販売しているキャットフードであれば安心という安易な考えは危険です。

なぜなら、キャットフードは食品として扱われていないからです。

食品ではないため、食品としての安全基準が確保されていないということなんです。

考えただけでも、ゾッとしますよね。

キャットフードが安い理由

実はゴミでできている?絶対に避けたいキャットフードの原材料の成分とは

キャットフードが安いのには、相応の理由があります。

それは、粗悪な原材料を使っているということです。

粗悪であればあるほどコストを抑えることができるので、安くキャットフードを提供できるんです。

経済的には嬉しいことではありますが、とてもではないですが人間が食べられるようなクオリティではありません。

避けた方がいい4つの原材料

  1. 肉骨粉
  2. 畜産副産物(ミートミール)
  3. 穀類
  4. 添加物

粗悪な原材料を使っているかどうかと見極めるポイントとして、避けるべき原材料について見ていきましょう。

1.肉骨粉

肉骨粉は色々な動物の色々な部位を粉状にしたものです。

人間が食べることができないため、再利用しているものになります。

肉骨粉の最大の問題点は、どのような動物が粉になっているのかが分からないということ。

そして安楽死した動物や道路上で死んでいた動物の死骸なども含まれている可能性があるということです。

2.畜産副産物(ミートミール)

「ミートミール」という言葉を聞いても、危険かどうか分かりづらいですよね。

単に肉を原材料として使っているのだと想像してしまいがちです。

この畜産副産物には「肉」という言葉が使用されていません。

畜産副産物のもととなっているのは、クチバシや目、骨といった本来であれば廃棄するべき部分です。

これをキャットフード用に加工しているかと思うと、恐ろしいですよね。

3.穀類

猫に穀物は必要のない栄養素です。

トウモロコシは消化不良を起こし、小麦は単にかさ増しのために用いられているだけです。

小麦でアレルギー反応を起こしてしまうこともあります。

キャットフード選びの際は、穀物不使用つまりグレインフリーのものとしてください。

4.添加物

安価なキャットフードには、添加物がたっぷり入っています。

保存料や着色料や香料などの人口添加物は、猫の体に負担をかけてしまいます。

添加物の中には、発がん性物質になりえるものもありますので、無添加のキャットフードを選びましょう。

キャットフードの4Dミートとは

  1. Dead:死骸
  2. Diseased:病気
  3. Dying:死にかけ
  4. Disabled:障害のある

こちらもまた信じがたいのですが、実際に4Dミートを使用したキャットフードは出回っています。

どれも食べようとは思えないものばかりですよね。

人間が食べることができない廃棄の肉がキャットフード用に再利用されているのが実情です。

愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律について

実はゴミでできている?絶対に避けたいキャットフードの原材料の成分とは

悪質なドッグフードがある日本ですが、国は放置しているわけではありません。

平成21年にドッグフードを含めたペットフードの安全性を確保する目的から「愛玩動物用飼料の安全性を確保に関する法律」、通称でペットフード安全法が施行されています。

こちらの法律は、ペットフードの現状を鑑みて平成21年6月1日より施行されました。

法律の対象になっているのは、キャットフードとドッグフードです。

犬や猫の健康に悪影響を与えるフードの製造や輸入、販売を禁止し、製造業者名や賞味期限などの表示を義務付けています。

原材料の表示義務

現在、日本では原材料の表示は原材料の中で使用量が多い順に並んで表示するようになっています。

これまではキャットフードとドッグフードの原材料の表示は曖昧でした。

何も知識がないと、大手メーカーであることや国産であることに安心をして値段で決めてしまいがちだったので、原材料のことまで気にしない飼い主さんが多かったのです。

しかし、原材料の表示を義務化することによって、飼い主さんがきちんと原材料の表示を確認して購入ができるようになりました。

原材料の見方・成分表

最も重要なのは先頭から3つ目までが主原料で、ここに肉類ではなく、穀類が記載されているものは選ばないようにしましょう。

原材料の表示に関しても、粗悪な原材料を使っているということを分かりづらくするために、あの手この手が使われています。

原材料と成分表の見方を把握し、粗悪な原材料を使っているキャットフードを買わないように気をつけてくださいね。

安心安全なキャットフードの原材料って?

安心して与えることができるキャットフードとは、人間が食べても安全なもの、これに尽きます。

添加物や穀物も猫にとっては負担にしかならないことがお分かりいただけたと思います。

つまり、ヒューマングレードでなおかつグレインフリーで無添加のキャットフードがベストという訳です。

こういう原材料のキャットフードなら安心!

モグニャン公式

肉食動物でもある猫にとって必要なのは、高たんぱく質な原材料です。

原材料表記の一番最初に何という表記があるのかが重要です。

肉もしくは魚肉と分かるような表記があれば、安心して与えることができます。

おすすめはモグニャンです。

原材料表記もはっきりしていて無添加、安全な食材を使っているヒューマングレードのキャットフードです。

プレミアムキャットフード『モグニャン』の詳細はこちら

塩分が入っているキャットフードってどうなの?

キャットフードに食塩の表記があると驚いてしまうかもしれません。

腎臓の負担も考えると、塩分は必要がないようにも思えますが、全く摂らないというのも問題なんです。

塩分不足になると、食欲不振や脱毛、疲労などの症状が出てきてしまうので、適度に摂取させてあげましょう。

キャットフードの原材料の値段

実はゴミでできている?絶対に避けたいキャットフードの原材料の成分とは

国産よりもニュージーランドといった規制の厳しい国のキャットフードの方が品質が良いと言われています。

なおかつグレインフリーで無添加のキャットフードとなると、穀物でのかさ増しもしていないので、肉自体のコストがかかっています。

それに加えて、輸送費や人件費、パッケージ代などを考えると、さほど上乗せはされていないんです。

プレミアムキャットフードとそれ以外の値段の違い

プレミアムキャットフードは、敷居が高くなかなか簡単に手が出せないと考えられがちです。

その品質の高さを考えてみれば、決して高くはないんです。

安価なキャットフードを与えて健康被害を被るよりも、プレミアムキャットフードを与えて健康でいてくれる方が良いに決まっていますよね。

プレミアムキャットフードには、値段以上の価値があると言って良いでしょう。

スプリッティング(分割表示)に注意!

原材料の表示は、含まれている物が多い順に記載する必要があります。

一見、お肉をしっかり使っていますということをアピールするために、分割表示をしているメーカーも少なくありません。

こういった表示に騙されないように注意しましょう。

安全なキャットフードを購入するためには

安全なキャットフードを見極めるポイントは、人間が食べても問題ないかということを確認することでしょう。

穀物と添加物を使用していないということも大事。

これらのポイントを押さえることができていれば、安全なキャットフードであると考えて間違いありません。

無添加キャットフードランキング!安全で安心の猫の餌はどれ?