グレインフリーとは?高評判の穀物不使用ドッグフードおすすめランキング

ロイヤルカナン

最近では愛犬家の中で穀類を使用していないグレインフリーのドッグフードが人気を博しています。

もともと犬は肉食動物なので、穀類は栄養価値がないといわれています。

ではなぜドッグフードには穀類を使用しているのでしょうか?

穀類を使用していないグレインフリーはなぜ犬にいいのでしょうか?

グレインフリーの意味は穀物不使用

グレインフリーとは犬にとっては栄養価値もなく、消化が大変な食材である穀類を一切含んでいないドッグフードのことです。

そのため愛犬化の間では、グレインフリーであることはフードを選ぶうえで重要なポイントとして認識されています。

穀物を摂りすぎると起こりうる3つのリスク

穀物を摂りすぎると起こりうる3つのリスク

1.肥満の原因

穀類を食べ過ぎてしまうと、肥満の原因になります。

穀類は体内で糖質に分解してしまうので、大量に摂取すると肥満の原因や糖尿病になったりすることも。

肥満になってしまうと、関節などに大きな負担をかけてしまい、関節疾患を引き起こす原因になります。

関節以外にも呼吸器官や心臓にも大きな負担をかけてしまいます。

2.アレルギーの原因

穀類は犬にとってはアレルギーの原因となる事が多い食材の1つ。

すべての犬でアレルギーを発症させるわけではありません。

アレルギーを発症すると軽症の場合もありますが、最悪の場合には死亡してしまう事もあるので、注意が必要です。

3.犬は穀物の消化が苦手

穀類が犬にとって良くないといわれる大きな理由の1つが犬は大量に穀類を消化する事が得意ではないという事。

穀類を消化するにはアミラーゼという酵素が必須ですが、犬は十分には持っていません。

犬は穀類を消化するようには体ができていないという事ですね。

更に穀類を消化するには長い消化器官が必要ですが、犬は肉食動物で消化器官は人などの雑食動物や牛などの草食動物に比べると短く、穀類を大量に摂取すると下痢や嘔吐、消化不良を引き起こす事があります。

この2つの理由から犬は穀類を消化する事には不向きな動物といえます。

人などの雑食動物や牛などの草食動物にとっては栄養価値が高い食材である穀類ですが、肉食動物である犬にとっては栄養価値もほとんどありません。

その穀類を使用していないグレインフリードッグフードが愛犬家や専門家の中で高い評価を得ています。

グレインフリードッグフードの魅力は消化の良さとアレルギー予防

穀類を使用していないグレインフリードッグフードは消化しやすいんです。

穀類を使用しているドッグフードよりも消化器官への負担が少なく、消化器官の調子を元に戻す効果があります。

穀類を使用したドッグフードを食べさせている犬に、グレインフリーのドッグフードを食べさせると、体調がよくなる事もあります。

アレルゲンになる危険性が高い穀類を使用していないという事は低アレルギーのドッグフードとも言えます。

他の食材に対してアレルギーがある場合には使用できない事もあります。

無添加グレインフリー・グルテンフリードッグフードおすすめ人気ランキング

当サイトがおすすめするグレインフリードッグフードをランキング形式でご紹介します♪

しかも愛犬の健康も考えて無添加の物を厳選しました!

1位:モグワン

モグワンドッグフード

健康的で食いつきのいいドッグフードに着目したドッグフード♪

試食会では97.8%が食べて、93.3%が継続したいと回答!

保存料として自然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)は使用されていますが、人工甘味料・着色料は一切使用していません。

栄養満点でバランスの良い愛情ごはんを目指し、もちろん穀物は一切使用しないグレインフリー!

モグワンドッグフードは、獣医師も推奨するスペシャルフードなのです。

人間が嗅いでもいい香りで食いつきがとてもいいモグワンですが、香料は使用しておらず、自然そのものの素材の香り。

とにかく食いつきがよくて健康に気を使うならモグワンはおすすめです♪

今ならお試し100円!プレミアムドッグフード『モグワン』の詳細はこちら

モグワンのレビュー記事はこちら

2位:カナガン

カナガン

2位はイギリス産高級ドッグフードのカナガンです♪

小粒で食べやすく、栄養バランスも食いつきもいいのに、野菜やハーブも配合されていてヘルシー♪

国際規格「SAI GLOBAL」クラスA取得工場で製造されているので安心!

カナガン一番のおすすめの理由は、すべて人間が食べられる新鮮な食材を厳選しているところです。

素材の栄養を損なわないよう加熱処理がされます。製造ラインはモニターで常に異常がないか監視されていています。

また、製造前と製造後の2回にわたって原材料も製品も厳しくテストが行われます。できあがり後も、3mmまで粉砕しスキャン・スペクトラム分析までしているのです!

さらに全てのパッケージには製造番号が記載。合格したサンプルは12カ月間保管してその品質をチェックしています。

カナガンは安心・安全なドッグフードです。

イギリス最高級のドッグフード『カナガン』の詳細はこちら

カナガンのレビュー記事はこちら

3位:ファインペッツ

ファインペッツ

FINEPET’Sはどんな犬種にもどのライフステージにも与えられるドッグフード。

フードの酸化防止剤や防腐剤を使わないで、酸化防止は天然抽出のビタミンEを使っているので安心♪

犬の健康を考えるなら多少お値段が高くても安全なものを安心して与えられるFINEPET’Sがおすすめです。

また、FINEPET’Sはアレルギーの原因となる素材が入っていないので、食物アレルギーを起こすことはありません。

アレルギーのあるワンちゃんにはFINEPET’Sを与えてみてください。

初回限定1,000円で試せますよ♪

FINEPET’Sドッグフードの詳細はこちら

FINEPET’Sのレビュー記事はこちら

国産グレインフリードッグフードのおすすめ度&価格比較一覧

≪表はスマホでは左右にスクロールできます≫

ドッグフード名 内容量 / 価格 評価
iDish-アイディッシュ- 500g / 3,980円(初回1,800円) ★★★★★
このこのごはん 1kg / 3,500円(初回2,980円) ★★★★★
ナチュロル 1.7kg / 4,980円(初回100g100円) ★★★★☆
馬肉自然づくり 1kg/3,240円
初回限定お試しセット1袋1,000円
★★★☆☆
Dr.ケアワン 800g / 3,000円 ★★★☆☆
シーザー 100g×24個 / 3,312円 ★☆☆☆☆
ペディグリー 2kg / 700円 ★☆☆☆☆

グレインフリー(穀物不使用)ドッグフードで良くある質問5選

こちらではグレインフリードッグフードでよくある質問をまとめてみました。

Q1.グレインフリードッグフードのメリット・デメリットって?

A.メリットは消化が良いこと。デメリットは価格が高いことです。

グレインフリードッグフードを愛犬に食べさせるメリットとしては、アレルギーを発症する危険度を下げます。

消化しやすい為に犬への体の負担を下げる事ができます。

消化がいい為に腹持ちが悪く、空腹になる事があり、食べ物の催促をする事があります。

最速のまま食べさせていると太ってしまい、肥満となってしまうので食べさせる量には注意が必要。

グレインフリードッグフードはかさましの為の穀類が使用されていないので、価格が高くなりがちです。

中には10倍ほどの価格の違いがあるドッグフードもあります。

Q2.グレインフリードッグフードは国産・輸入で違うの?

A.国産は規制が緩いため、海外産の方が高品質な傾向があります。

グレインフリードッグフードだけではないですが、日本のドッグフードは規制が緩い為に品質があまり良くないものもあります。

外国産のドッグフードの場合は規制が厳しい為に品質としては高いです。

グレインフリードッグフードを購入する場合にはスーパーやホームセンターなどでは販売していない為に輸入という方法しかなく、購入に手間がかかってしまうんですね。

Q3.グレインフリーとグルテンフリーの違い

A.グルテンフリーは麦類に含まれるたんぱく質であるグルテン不使用、グレインフリーは麦類を含む穀物全般不使用です。

そのためグレインフリーのフードの方が高品質であり、全てのグレインフリーフードはグルテンフリーフードでもあります。

ドッグフードの中には、グレインフリードッグフードだけでなく、グルテンフリーとしているドッグフードもあります。

Q4.市販の安いグレインフリードッグフードってあるの?

A.市販の安いグレインフリードッグフードは存在しません。

というのも穀物類はコストダウンのために使用されているため、グレインフリーにすると値段は絶対に高くなるためです。

つまり物理的に市販の安いグレインフリードッグフードは存在できないのです。ちなみに市販の高額なグレインフリードッグフードは存在します。

Q5.コストコドッグフードのカークランドは本当にグレインフリー?

A.はい。確かにカークランドはグレインフリーです。

市販のドッグフードの中では、アレルギーになりづらいラム肉を使用しており、かつグレインフリーであるため、比較的品質が高いドッグフードだと言えます。

ただ添付されている「調味料」が何か明言されていないのが気になりますね。

グレインフリードッグフードをおすすめする理由まとめ

グレインフリードッグフードをおすすめする理由まとめ

穀類は犬にとっては殆ど摂取する意味はなく、大量に摂取すると消化不良などを引き起こしてしまう為に愛犬のためには穀類を使用していないグレインフリードッグフードがおすすめです。

グレインフリードッグフードの方が消化も良く、犬にとっても食べやすいドッグフードといえます。

この機会に、グレインフリーのドッグドッグフードを検討してみてはいかがでしょうか。