高タンパク質のドッグフードおすすめランキング!犬に高タンパク質がいい理由とは?

犬の健康状態を維持するためには、タンパク質が不可欠です。

高タンパク質のドッグフードのおすすめをランキング形式でご紹介します!

また、高タンパク質が犬にとって良い理由についてもご説明しますね。

犬に高タンパク質ドッグフードがいい理由

高タンパク質のドッグフードおすすめランキング!犬に高タンパク質がいい理由とは?

  1. タンパク質が体を作る
  2. 犬は元々肉食動物
  3. 消化しやすい

犬に高タンパク質ドッグフードがいい理由は、大きく3つ挙げられます。

1つずつ見ていきましょう。

1.タンパク質が身体を作る

タンパク質は、身体を作るために欠かせない栄養素です。

筋肉や骨はもちろんですが、被毛や皮膚、血液、内臓などにもタンパク質が欠かせません。

ただし、タンパク質の過剰摂取には注意しましょう。

2.犬は元々肉食動物

犬の先祖はオオカミ。本来肉食動物です。

肉を好み、肉から必要なタンパク質を摂取してきました。

それを踏まえて考えれば、犬が肉食動物であることも何となく頷けるのではないでしょうか。

3.消化しやすい

タンパク質は、犬にとって消化しやすい栄養素です。

しっかりと消化がされることによって栄養が吸収されます。

消化不良を起こす心配もないので、犬にとっては健康維持に打って付けな栄養素なんです。

高タンパク質の食材とは

高タンパク質のドッグフードおすすめランキング!犬に高タンパク質がいい理由とは?

犬にとって高タンパク質がいいということをご説明させていただきましたが、具体的な食材について触れていきます。

動物性タンパク質

肉、魚、卵、乳製品には動物性タンパク質が豊富に含まれています。

動物性タンパク質には、植物性タンパク質と比較しても必須アミノ酸が多く含まれているので、植物性タンパク質よりもタンパク質の質は高いと言えます。

ただし、脂肪もたっぷりなのでバランスを見ながら上手に摂取することが大切です。

植物性タンパク質

米や大豆、植物、小麦などが植物性タンパク質が摂取できる食材に該当します。

動物性タンパク質は飽和脂肪酸が過剰になってしまう恐れがあるのですが、植物性タンパク質にはその心配がありません。

脂肪が少ないので、肥満対策にも有効です。

とりすぎはNG?高タンパク質のドッグフードを与えるときの注意点

高タンパク質のドッグフードおすすめランキング!犬に高タンパク質がいい理由とは?

タンパク質は犬にとって不可欠であることには変わりないのですが、むやみに高タンパク質のドッグフードを与えても悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

犬に高タンパク質のドッグフードを与える際の注意点についても押さえておきましょう。

高タンパク質だと腎臓に影響がある?

人間の場合は、高タンパク質な食材ばかりを食べてしまうと腎臓に負担がかかります。

しかし、犬にはその心配がありません。

犬に与えるドッグフードとして避けるべきなのは、穀物性タンパク質のドッグフードです。

そうでなければ、腎臓に影響を与えるということはないので、安心してください。

肥満になる可能性

高タンパク質のドッグフードは、カロリーが高めだったり、脂肪がたっぷり含まれていることが多々あります。

肥満の原因にも繋がりかねないので、高タンパク質で低カロリー、低脂質のものを選べるのがベストです。

お肉のアレルギーに注意

愛犬が体を痒がったり、必要以上に毛づくろいをしていたら要注意です。

お肉によるアレルギー反応が出ている可能性が考えられます。

牛肉は最もアレルギー反応が起きやすいとも言われています。

また、鶏肉は高タンパク質で重宝されている反面、アレルギー反応を起こしやすい面もあるので、様子を見ながら与えるようにしましょう。

高タンパク質のドッグフードを選ぶ3つのポイント

高タンパク質のドッグフードおすすめランキング!犬に高タンパク質がいい理由とは?

高タンパク質のドッグフードを選ぶ際の3つのポイントは、以下の通りです。

1.グレインフリーであること

穀物を消化する酵素を、犬は持っていません。

それなのにかさ増しのために小麦粉などの穀物たっぷりなドッグフードがたくさん販売されているのも事実です。

穀物は消化不良を引き起こし、栄養バランスを乱すことがあります。

グレインフリーのドッグフードを選ぶようにしましょう。

2.原材料が良質であること

安価なドッグードには、粗悪な原材料が使われています。

人間の食べ物のように規制がないこともあって、このような事態になっているんです。

原材料の品質にはこだわっているものを選んでください。

いわゆるヒューマングレードの物であれば安心です。

3.無添加ドッグフードであること

着色料や香料や保存料などの添加物は、犬の体内に蓄積されて健康を阻害します。

添加物が含まれていないドッグフードも販売されているので、きちんと確認してみてください。

高タンパク質ドッグフードおすすめ人気ランキング

こちらでは、高タンパク質のドッグフードのおすすめ人気ランキングをご紹介します。

1位:ピッコロ

ピッコロドッグフード

ピッコロは、老犬向けに作られたドッグフードです。

我が家では現在定期購入をして与えています!

肉類が64%、粗タンパク質が34%とあって、理想的な栄養バランスのドッグフード。

カロリーと脂質も控えめなので、ダイエット中のワンちゃんにも安心して与えることができます。

シニア犬も驚く美味しさ!ヘルシードッグフード『ピッコロ』

ピッコロのレビュー記事はこちら

2位:カナガンドッグフード

カナガン

カナガンは、チキン51%、粗タンパク質33%です。

良質なタンパク質がたっぷり含まれているので、筋肉や皮膚を健康に維持するサポートしてくれるドッグフードと言えます。

イギリス最高級のドッグフード『カナガン』の詳細はこちら

カナガンのレビュー記事はこちら

3位:モグワンドッグフード

モグワンドッグフード

モグワンドッグフードは、チキン&サーモンが53%、粗タンパク質が28%です。

動物性タンパク質が豊富なので、犬にとって必要な栄養素を十分に補うことができるドッグフードとしても人気があります。

今ならお試し100円!プレミアムドッグフード『モグワン』の詳細はこちら

モグワンのレビュー記事はこちら

4位:ファインペッツ

ファインペッツ

ファインペッツは、肉類原材料割合が何と80%もあり、粗タンパク質は27.1%です。

先にご紹介させていただいたドッグフードよりはタンパク質の割合は低いですが、十分な量ではあるのでご安心ください。

今なら1,000円で試せますよ♪

FINEPET’Sの詳細はこちら

FINEPET’Sのレビュー記事はこちら

5位:アランズ・ナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフードは、生ラム肉55%のドッグフードです。

牛肉やチキンはアレルギー反応を引き起こすこともあるので、アレルギーの心配があるワンちゃんにはおすすめなドッグフードになります。

粗タンパク質は20%です。

アランズナチュラルドッグフードの詳細はこちら

アランズナチュラルドッグフードのレビュー記事はこちら

6位:ブッチ

ブッチドッグフード

ブッチには80%以上のタンパク質が含まれており、粗タンパク質は10.5%です。

高タンパク質のドッグフードなので、タンパク質不足が気になるワンちゃんには自信を持っておすすめします。

食いつきがとてもいいウェットタイプのドッグフードです。

3,000円のお試しセットもあります!個人的には一番のおすすめドッグフードです。

ブッチの詳細はこちら

ブッチのレビュー記事はこちら

ライフステージ別の高タンパク質ドッグフードについて

高タンパク質のドッグフードを与える際、ライフステージ毎に栄養バランスを考えてあげる必要があります。

子犬・幼犬期

子犬・幼犬期は体の基礎を作る上でとても大事な時期でもあります。

タンパク質が最も必要な時期とも言えます。

幼犬・子犬用におすすめなドッグフードランキング【パピーの餌の選び方】

成犬期

成犬になると、筋肉を更に丈夫に鍛えるためにタンパク質が欠かせません。

タンパク質不足にならないように、豊富に含まれているドッグフードを選んでください。

無添加ドッグフードおすすめランキング!安全な犬の餌を比較【ペットフードKING】

老犬・シニア期

老犬・シニア期ももちろんタンパク質が必要です。

しかし、昔のように活発に運動ができなくなっているワンちゃんもいるかと思います。

肥満対策のために低タンパク質のドッグフードを与える方が良いケースもあります。

【老犬の餌】高齢なシニア犬におすすめのドッグフード人気ランキング

高タンパク質のドッグフードまとめ

タンパク質不足は、犬にとって深刻な問題です。

毎日のドッグフードできちんと補うことができるように、飼い主さんがサポートしてあげてください。

肥満やアレルギーには、くれぐれも気を付けてくださいね。