ドライフードおすすめランキング!ドッグフードを食べないときの対処法と選び方

無添加ドライフードおすすめランキング!ドッグフードを食べないときの対処法

現在ワンちゃんにはどんなドッグフードを与えていますか?

『ウェットフードは食いつきがいいけど添加物が気になるからドライフードを与えたい』

『カリカリを与えたいけどどれを与えたらいいのかわからない』

という方も多いですよね。

飼い主にとって、愛犬が食べるものは気になるものです。

こちらのページでは、無添加のドライフードのおすすめランキングを発表させていただくと共に、ドッグフードを食べてくれない時の対処法についてもまとめてみました。

ドッグフード(ドライフード)の3つの選び方

無添加ドライフードおすすめランキング!ドッグフードを食べないときの対処法

ドライフードのドッグフードを選ぶ際に大切な3つのポイントについてお教えします。

  1. グレインフリー
  2. 原材料が良質
  3. 無添加

1.グレインフリーであること

ドッグフードがグレインフリーであるということは、絶対条件とも言えます。

犬にとって穀物は消化不良を引き起こす原因にもなり、健康を阻害するものでしかありません。

消化不良が起こると必要な栄養素がきちんと吸収されず、便秘や下痢になることもあります。

穀物不使用なドッグフードを選ぶようにしましょう。

2.原材料が良質であること

ドッグフードを値段の安さで決めてしまうと、ほぼ100%の割合で原材料に粗悪なものが使われていると考えてください。

体を作るのは毎日のドッグフードです。

毎日粗悪なドッグフードを与えていたら…そんな風に考えるとゾッとしませんか?

原材料のクオリティにはこだわりを持って選ぶようにしましょう。

3.無添加ドッグフードであること

着色料や香料、保存料などの添加物が含まれていないドッグフードであるかを餌選びのポイントにしてみてください。

これらの添加物が含まれているドッグフードは、添加物なしでは食べられないようなクオリティのドッグフードです。

添加物なしで品質を維持できているドッグフードこそが、真のヒューマングレードドッグフードでもあります。

安全な無添加ドライフードおすすめ人気ランキング

添加物を一切使用していない安全なドッグフードのおすすめランキングはこちらです。

1位:モグワン

プレミアムドッグフード『モグワン』の詳細はこちら

モグワンドッグフードは、ヒューマングレードドッグフードの中でも最も人気のある商品です。

高品質なチキンとサーモン、そして野菜とフルーツもたっぷり含まれています。

もちろん添加物も穀物も使用していません。

粒によって味が異なり、楽しく食事をしながら必要な栄養素がきちんと摂れるドッグフードです。

モグワンのレビュー記事はこちら

2位:カナガン

カナガン

カナガンドッグフードは、獣医さんお墨付きということもあり、安心して与えることができます。

犬の嗜好に合わせて開発されていて、食いつきの良さもおすすめのポイントになっています。

イギリス最高級のドッグフード『カナガン』の詳細はこちら

カナガンのレビュー記事はこちら

3位:アランズ・ナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフードは、100%無添加のドッグフードです。

ラム肉が55%含まれていて、たんぱく質もしっかり補給することができます。

全犬種に対応しており、理想的な栄養バランスなので毎日の健康をしっかりサポートしてくれます。

アランズナチュラルドッグフードの詳細はこちら

アランズナチュラルドッグフードのレビュー記事はこちら

犬用のドライフードとウェットフードの違いを比較

犬用のドライフードとウェットフードには、栄養面の観点からはほとんど差がありません。

大きく違うのは、見た目からも一目瞭然なのですが水分量になります。

ドライフードの水分量が10%程度なのに対して、ウェットフードの水分量はおよそ80%もあるんです。

ドライフードのメリット

  • ウェットフードより長く保存ができる
  • ウェットフードより安い
  • ドライフードは食事と同時に歯石の除去ができる

ウェットフードは開封をしたらすぐに食べきらないと衛生上の問題が生じてしまいます。

それに対してドライフードは長期の保存が可能です。

そして、コスト的にもドライフードの方が経済的。

ドライフードはしっかりと噛むことができるので、食事をするのと同時に歯石の除去ができるという大きなメリットがあります。

ドライフードのデメリット

  • 歯が少ないワンちゃんには向かない
  • 老犬にもあまり向かない
  • 水分をたくさんとらないといけない

ドライフードにはしっかりと噛むというメリットがある反面、歯が少ないシニアのワンちゃんにとっては負担になってしまいます。

また、ドライフードには水分があまり含まれていないので、食事と共に水分が摂取できないと脱水症状にもなりかねません。

成犬・子犬の場合はドライフードの方が適している

無添加ドライフードおすすめランキング!ドッグフードを食べないときの対処法

噛む力を育て、あごを発達させる必要のある成犬や子犬にとってはドライフードの方がおすすめです。

しかし、歯がなかったり噛む力が弱くなっているような老犬の場合は、無理をしてドライフードを与えるのは注意が必要です。

ちなみにうちでは現在、老犬用プレミアムドッグフードの『ピッコロ』を与えています。

【老犬の餌】高齢なシニア犬におすすめのドッグフード人気ランキング

犬がドライフードを食べないときの5つの対処法

愛犬がドライフードを食べない時の対処法を5つご紹介しますので、こういった事態に陥った時に試してみてください。

ふやかす

普段はドライフードを食べていても、しっかりと噛んで食べられない時もあります。

そんな時は、ドライフードをふやかして柔らかくしてみてください。

あまり噛まなくても飲み込むことができれば食べられるので、食欲がない時でも食べてくれるかもしれません。

トッピングをする

いつものドッグフードに飽きているという可能性もあるので、茹でた野菜や鶏肉などをトッピングしてみてはいかがでしょうか。

いつもとは違う食事の雰囲気に刺激されて食べてくれることがあります。

おやつなどを与えない

おやつでお腹が満たされてしまうと、いつもの食事に支障が及ぶことがあります。

おやつなどの間食を控えて、食事がしっかり摂れるようにサポートしてあげましょう。

食べなくても時間になったらすぐに片付ける

常時ドッグフードを置きっぱなしにしていませんか?

いつでも食べられる状態というのは、犬にとってはあまり良いことではありません。

「今食べないとなくなってしまう!」という気持ちが食欲を搔き立てることもあるので、時間を決めて片づけるようにしましょう。

ふりかけをかける

栄養をサポートしてくれるふりかけタイプのサプリメントがあることをご存知でしょうか?

いつものドッグフードにかけるだけという手軽さもあり、おすすめです。

犬のサプリメントの効果とおすすめの選び方!ペット・ドッグサプリを比較

ウェットフードと混ぜる

ドライフードにウェットフードを混ぜると味の変化を楽しむこともできます。

我が家では一番食いつきが良かったのはウェットフードでした。

無添加ウェットドッグフードおすすめランキング!安全な犬用缶詰め・パウチを比較

犬用ドライフードを選ぶならモグワンで決まり!

モグワンドッグフード

ドライフードの選び方をご紹介しましたが、これらのポイントを全て踏まえていておすすめなのはモグワンです。

栄養バランスの面においても、添加物・穀物不使用という点においても安心です。

何よりもワンちゃんが美味しく食べることができるので、長く愛用できるドッグフードと言えます。

プレミアムドッグフード『モグワン』の詳細はこちら

モグワンのレビュー記事はこちら