犬のしつけにおすすめのおやつ(ご褒美)の選び方と注意点・正しい訓練法

犬にしつけやトレーニングのご褒美として、おやつをあげることは多いですよね。

「食べる」ことは犬にとって楽しみの一つ。

おすわりをするとドッグフードとは別の「美味しいもの」がもらえると分かれば、犬にとって喜びにつながります。

おやつは専門的な知識がなくてもしつけやトレーニングを成功させることができる魔法のような道具でもありますね。 

でも、正しいおやつの使い方をしないとダメ犬にしてしまうことも。

正しいおやつの与え方についてまとめてみました。 

愛犬のしつけにおやつを使用する際の3つの危険性 

おやつは与え方を間違えると、ご褒美としてのおやつではなくなってしまう危険性があるので気を付けてください。

おやつは、ドッグフードとは別に与えるものなので、多用するのは危険。

健康を害してしまったり、飼い主さんではなくおやつに従うようになってしまったら大変です。

どうしてそのようなことになるのでしょうか。 

1.愛犬の健康管理がしづらくなる 

おやつを与えたことによって、ウンチが軟らかくなったり便秘になった場合は、消化不良を起こしているかもしれません。

消化不良の原因は、おやつに含まれる発色剤や着色料などの添加物や食べ過ぎが考えられます。

おやつは消化が悪い材料が使われているものが多く、体調を崩す要因となるので、与え過ぎには注意が必要です。 

2.飼い主ではなくおやつに従うようになる 

犬は、飼い主さんから教えてもらったことをやったらおやつがもらえる、動作=おやつというイメージがインプットされます。

必要以上におしっこやウンチをして、その度おやつをもらう、飼い主さんについて回ったり手ばかり見ているという行為があれば、おやつ欲しさに行っているのかもしれません。 

あくまでも、おやつはできたことに対するご褒美です。

犬の欲求に惑わされたり、可愛いからあげるという行為を繰り返していると、おやつがもらえないとやらないということになりかまねません。 

3.肥満犬になるリスクもある 

愛犬から「○○ができたよ」というようなキラキラした目で見つめられると、おやつをつい多めに与えてしまったということはありませんか。

おやつは、ドッグフード以外に与えるので一日の必要カロリーを超えがち。

フードで必要な栄養は取れるようになっているので、おやつのあげ過ぎは肥満の原因となります。 

一日に与えてもいいおやつの量は、一日の必要カロリーの1~2割程度ですが、嗜好性の高いおやつは高カロリーのものが多いので、与え過ぎは特に禁物。

ドッグフードの量をおやつの分だけ減らしたり、ドッグフードをおやつとして与えるのも一つの方法です。 

のおやつのげ過ぎは厳禁!使いどころが肝心 

愛犬のしつけにおやつを使用する際の注意点と正しい訓練法まとめ 

おやつのあげ過ぎは厳禁ですが、有効に活用すればしつけやトレーニングのための強力な武器にもなります。

そのためにはおやつの使いどころが肝心。

おやつをしつけの道具として使うなら、犬にとっても喜びが大きい与え方をしてください。

おやつは、犬に注目させて与えるものではありません。

お手をしたらご褒美がもらえたと犬のモチベーションが上がるような正しい訓練をしましょう。 

愛犬のしつけにおやつを使う際の正しい4つの訓練法 

しつけにおやつを取り入れる際に、意識してほしいポイントは4つ。

犬が人間と一緒に生活をする上で欠かせないしつけ。

そもそも犬はおやつをもらわなくても嬉しいと感じて満足するもの。

でも飼い主さんとしては、頑張ったご褒美としてあげたいですよね。

おやつを正しく使って上手にしつけましょう。 

1.条件反射にならないように気を付ける 

おすわりをしたらおやつがもらえるというような条件反射的なしつけをしないように注意しましょう。

私たちが梅干しを見ただけで唾液が出るように、犬もおやつに条件反射します。

家ではおすわりができるのに、散歩中にはできないということはありませんか。

これは犬がおすわりを認識していない為。

おやつがおすわりをしたことに対するご褒美になっていないからです。

しつけやトレーニングの結果をしっかり犬が理解するような、与え方をする工夫が必要です。 

2.適度におやつを与える頻度を減らしていく 

しつけの集大成としておやつを与える回数を減らしていきましょう。

突然止めるのではなく、徐々に回数を減らしていきます。

おやつを与える頻度を「お手」ができたらその度与えるのではなく、2回できたら与える、5回できたら与えるというように少しずつグレードを上げていくとスムーズにいきます。

条件反射を防ぐためのコツでもあります。

おやつをあげないと言われたことをしない!ということがないように。 

3.おやつ以外のご褒美も併用する 

犬は、何かをして飼い主さんから褒めてもらうことで、自発的にするようになります。

おやつは褒めていることを明確にする手段ですが、この時に一緒に喜んであげる、だきしめて撫でてあげる、おもちゃで遊んであげるなどのご褒美も併用すると良いです。 

犬は、「いいよ!」「good job!」など声をあげて喜んであげたり、撫でられたりすると嬉しいんです。

おやつは、お腹を満たすものではないので、ご褒美の種類を増やすことで犬も楽しみが増えるというものです。 

4.トレーニングが終わったご褒美としておやつを出す 

おやつは与えるタイミングが大切です。

欲しがるからあげるのではなく、新しいことを覚えた時に与えるようにするとより効果的。

頑張ったことに対しておやつというご褒美を与えるわけです。

そうすることにより条件反射を防ぐことができます。

声かけや撫でてあげることで犬がご褒美として十分満足していれば、トレーニングの途中でおやつをあげる必要もなくなります。 

犬のしつけの際のご褒美(ごほうび)には何を与えるべき?

犬のしつけの際のご褒美には何を与えるべき?

子犬を買い始めたときにまず「お手」「おすわり」といった代表的なものを教え込むと思います。

できるたびにおやつを与えると「これをすればご褒美におやつがもらえる!」と早く覚えることができます。

そのおやつは何を与えたらいいのでしょうか。

ドッグフードを少しずつ

アレルギーが心配な方は普段与えているドッグフードを少しずつ与えるのがおすすめ。

ドライフードであればそのまましつけのご褒美として一粒ずつ与えるのが一番いいですね。

クッキー・ボーロ

普段の食事がドライフードではなくウエットタイプを与えてる場合はクッキーやボーロがおすすめです。

一つ一つが小さくて食べやすいクッキーやボーロは、何度も繰り返しやるときに便利。

あまりお腹いっぱいにならないし、嗜好性の高いものもあるので頑張って覚えようとします。

与えた分は、普段の食事を減らすなど調節してください。

手作りおやつ

手作りのクッキーや野菜などを小さく成形し、しつけのご褒美として与える方法。

愛犬には手作りが一番と言われてるので、野菜を切ったものやアレルギーのないクッキーなどを作ってみてもいいですよ。

おやつをあげないしつけ方法

犬のしつけでおやつをあたえるメリットとしては、褒められていることがダイレクトに伝わること。

一方でデメリットは、おやつをもらうために行動をする、おやつがなければいうことをきかない子になってしまうこと。

効果的にしつけるためにはおやつをあげないしつけを心がけることが大切です。

普段から撫でられ慣れている犬には効果は薄いですが、「撫でる」という行為も犬にとってはご褒美。

グッド!いい子!などの褒め言葉と一緒に撫でてあげます。

しつけ始めはおやつを与えながらやるのもいいですが、徐々に減らしていってください。

おやつをあげる回数を減らすことで、いつもらえるかわからないおやつのために頑張って行動します。

おやつはあげなくても大丈夫なものなので、最終的に与えなくても行動してくれるような信頼関係を築くことが大切です。

愛犬のしつけにおやつを使用する際の注意点と正しい訓練法まとめ 

愛犬のしつけにおやつを使用する際の注意点と正しい訓練法まとめ 

しつけやトレーニングに欠かせないアイテムであるおやつ。

しかし、しつけのつもりで与えたおやつが条件反射になるってこともあります。

飼い主さんにとっても、犬にとっても良い関係が保てるような与え方が大切ですね。