ラブラドールレトリバーのドッグフード人気ランキング!評判が良いおすすめの餌の選び方

ラブラドールのドッグフード人気ランキング!評判が良いおすすめの餌の選び方

大型犬に分類されるラブラドールレトリバーは、 狩猟犬としても活躍していました。

現在は警察犬や盲導犬としても飼育されていますが、ほとんどは家庭犬です。

大きな体のラブラドールレトリバーの健康をサポートするためには、毎日の食事はとても重要。

こちらではラブラドールレトリバーの餌についてまとめています。

高品質なラブラドールレトリバーの餌を選ぶ3つのポイント

ラブラドールレトリバーのドッグフード人気ランキング!評判が良いおすすめの餌の選び方

品質の良さという観点でのラブラドールレトリバーの餌選びにおいて重要な3つのポイントは以下の通りです。

1.無添加なドッグフードを選ぶこと

私達の身の回りは沢山の添加物で溢れています。

着色料、保存料、香料など挙げればキリがないほど。

それらの添加物は体内に蓄積され、様々な支障をきたします。犬も決して例外ではありません。

健康を維持するためには、日々の食事はとても重要。

添加物が入っていないドッグフードを選ぶようにしましょう。

2.グレインフリーのドッグフードを選ぶこと

体が大きくて健康そうに見えるラブラドールレトリバーですが、他の犬種と比較すると糖尿病のリスクを抱えています。

その糖尿病の引き金となってしまうのが、ドッグフードに含まれている穀物なんです。

穀物はそれだけでもはなく、様々なアレルギーの原因にもなります。

消化不良も引き起こすので、穀物不使用いわゆるグレインフリーのドッグフードを与えるようにしてください。

3.高たんぱく質で高品質な原材料を使用していること

股関節形成不全は、ラブラドールレトリバーが陥りやすい病気。

かからないようにするためには、肥満に気を付ける必要があります。

そのために不可欠なのが高たんぱく質なドッグフードなんです。

高たんぱく質なドッグフードは、筋肉を鍛えることによって健康的に体重が増加します。

体を支える基礎を作るためにも必要です。

関節への負担を軽減し、病気のリスクを回避することができます。 

ラブラドールレトリバーにおすすめなドッグフードランキング

餌選びのポイントを踏まえた上で、ラブラドールレトリバーにおすすめなのドッグフードをご紹介させていただきます!

1位:モグワン

モグワンはグレインフリーなので肥満対策もバッチリできるドッグフード。

人間が食べても大丈夫な部分だけを原材料として使っており、消化吸収が良いというのも特徴です。

人工添加物を一切使っていないという安心感もあります。

ラブラドールレトリバーが大好きなお肉もたっぷり入ったドッグフードなので健康を維持しながら食事としても楽しめるのでおすすめです。

プレミアムドッグフード『モグワン』の詳細はこちら

モグワンのレビュー記事はこちら

2位:ブッチ・ドックフード

ブッチ・ドッグフードは、プレミアムドッグフードマークが付いている高品質フードです。

ドライフードをなかなか食べてくれないワンちゃんにはこの肉本来の水分含有量と必須栄養素は入ったブッチ・ドッグフードが超おすすめ♪

穀物由来の原料は一切使っていなくて、肉以外に野菜も採れるニュージーランド産の最高等級ドッグフードです。

無添加プレミアムドッグフード無添加ウェットフード『ブッチ』の詳細はこちら

ブッチのレビュー記事はこちら

3位:カナガン

カナガン

カナガンもモグワンと同様に人工添加物不使用でグレインフリーのドッグフードです。

チキンをメインに作られているドッグフードなので、ワンちゃんの食いつきもとてもいいです。

栄養バランスも優れていて、安全性が高いので安心して愛犬に与えることができます。

また、利尿作用が期待できるクランベリーの他、免疫力アップに繋がるハーブも配合されているんです。

健康的に長生きさせてあげるのに、ぴったりなドッグフードですね。

イギリス最高級のドッグフード『カナガン』の詳細はこちら

カナガンのレビュー記事はこちら

4位:ファインペッツ

ファインペッツ

ファインペッツは高たんぱく質なドッグフードでおすすめなのですが、高たんぱく質が体に合わずに下痢になってしまうワンちゃんもいます。

非常におすすめではあるのですが、どんなワンちゃんにも合うという目線で考えるとモグワンより少しランクダウンしてしまいます。

ファインペッツの原材料は、ほとんどが良質な肉のみ!

美味しさと健康を追求したドッグフードと言えるでしょう。

今なら初回限定1,000円で試せますよ♪

FINEPET’Sドッグフードの詳細はこちら

FINEPET’Sのレビュー記事はこちら

5位:ロイヤルカナン BHN ラブラドールレトリバー 成犬用 

ロイヤルカナンは非常に知名度が高いドッグフードです。

主原料は良質な方なのですが、残念ながら添加物が多いのが気になります。BHA、没食子酸プロピル、ビートバルブなどが添加されています。

特にBHAは、発がん性が指摘されている酸化防止剤なので注意が必要です。

ロイヤルカナンの詳細はこちら

ラブラドールレトリバーに与えるドッグフードの量・カロリー・回数はどのくらい?

成犬のラブラドールレトリバーであれば、1日あたり2回を目安に餌を与えてください。

ラブラドールレトリバーの平均体重を30kgと考えると、必要なカロリーは1500〜2,000kaclです。

与えるドッグフードによってカロリーも異なるので、必要なカロリーが摂取できる量を計算してみてください。

排出される便の様子で調整すれば適量が見えてくるはずです。

ダイエット中なら更に量を減らしてみたり、ヘルシーなドッグフードを与えるなど工夫をしてみてくださいね。

ラブラドールレトリバーがドッグフードを食べない時の正しい対処法とは?

ラブラドールレトリバーのドッグフード人気ランキング!評判が良いおすすめの餌の選び方

ラブラドールレトリバーは大型犬なのですが、その見た目とは裏腹に小粒なドッグフードを好みます。

粒が大きすぎるドッグフードを与えている場合は食べてくれないかもしれません。

小粒のドッグフードに切り替えてみましょう。

ラブラドールレトリバーは元来肉食動物でもあるため、お肉の香りに目がありません。

質の良いお肉をたっぷり使っているドッグフードであれば食いつくかと思います。

ラブラドールレトリバー専用のドッグフードは存在するの?

最近では犬種ごとにドッグフードが開発されていることもあり、ラブラドールレトリバー専用のドッグフードももちろんあります。

必ずしも専用のドッグフードでなければいけないということはありません。

 ご紹介させていただいたドッグフード選びのポイントを押さえながら、愛犬にベストな物と出会えると良いですよね。

モグワンがラブラドールレトリバーにおすすめな理由とは?

ラブラドールレトリバーは、特に耳の皮膚病にかかりやすい犬種です。

これを回避するために必要なのが、オメガ3脂肪酸。

この成分が多く含まれているドッグフードが、モグワンなんです。

血液をサラサラにして関節炎のリスクも軽減してくれて、中性脂肪の値も下がるため、ラブラドールレトリバーにとって良いこと尽くしなドッグフードなのでおすすめです。

モグワンはラブラドールレトリバーの涙やけにも効果的!

ラブラドールレトリバーは、涙やけも起こしやすくしばしば飼い主さんを悩ませてしまいます。

モグワンなら穀物不使用でオメガ3脂肪酸もたっぷりなため、様々な皮膚病や肌のトラブルを回避してくれます。

ドッグフードをモグワンに切り替えるだけで、リスク回避できるのであればとても手軽ですよね。是非お試しください。

ラブラドールレトリバーの食いつきの評判の良さで選ぶならモグワン!

モグワンドッグフード

チキンとサーモンの美味しそうな香りがするモグワンは、ラブラドールレトリバーが飛びついて食べてしまうほどなんです。

モグワンに切り替えただけで、食欲旺盛になったという事例も少なくありません。

栄養バランスや安全面ももちろんなのですが、食いつきの良さで選ぶなら断然モグワンです。

プレミアムドッグフード『モグワン』の詳細はこちら

モグワンのレビュー記事はこちら