肥満ぎみの愛犬のダイエットにおすすめな低カロリードッグフードランキング

太り気味の愛犬のダイエットにおすすめな低カロリードッグフードランキング

SHARE

肥満ぎみの愛犬のダイエットにおすすめな低カロリードッグフードランキング

犬の肥満は人の肥満同様に健康的にいい影響はなく、悪影響しかありません。

飼い主や家族としてはダイエットをさせる必要があります。

ダイエットは人の場合は運動と食事制限によって行いますが、犬の場合は食餌制限が主となって行います。

そこで効果的なのはダイエット食。

今回はダイエットにおすすめなドッグフードについて紹介していきたいと思います。

肥満になってしまった犬のドッグフードの上手な3つの選び方

肥満体形になってしまった犬は普通のドッグフードによるダイエットもできますが、減量を目的としたドッグフードを使用すると健康的にダイエットをする事ができます。

1、低カロリーだけではダメ

ダイエットをしようとすると、食餌量を単純に減らせばいいと思っているか犬や家族もいますが、これは間違い!

摂取カロリーを減らす事はできますが、犬が生活する上で必要な栄養も一緒に減らしてしまう事になり、栄養に偏りが出てしまい、健康的にはよくないから。

低カロリーだけではなく、必要な栄養はしっかりと取れるようにする必要があります。

2、栄養満点で低脂肪・低カロリーのものを選ぶ

普通のドッグフードは栄養の偏りがないように作られていますが、ダイエットをする際にはあまり向きません。

犬が生活する上で必要な栄養をしっかりと摂取でき、カロリーや脂肪分が低いフードを選ぶ事で、犬に余計な負担をかける事なく、減量をする事ができます。

3、高タンパク

犬にとって重要な栄養は動物性タンパク質です。

ダイエットをする際にも動物性たんぱく質をしっかりと取れるようにする事が大切です。

低カロリー、低脂肪が理想!

愛犬には健康でいてほしい!肥満の予防と対策におすすめのドッグフード人気ランキング

肥満の予防と肥満になってしまった愛犬におすすめのドッグフードをランキング形式で紹介していきたいと思います。

1位:犬心

犬心

犬心は低脂肪で低糖分の療法食で、肥満だけでなく、クッシング症候群、膵炎、甲状腺機能低下症、高脂血症、糖尿病、脂質代謝異常症をケアします。

この7つの疾患は原因が同じであり、併発する危険性があります。

犬心はこの7つの疾患を同時にケアする為の療法食です。

『犬心』の公式サイトはこちら

2位:Dr.ケアワン

Dr.ケアワン

DR.ケアワンは、犬にとっては必要不可欠な動物性たんぱく質を高品質で、低カロリーの若鶏肉を使用しています。

犬にとって健康被害を及ぼす危険性がある人工添加物を使用していません。

厳選された原材料を使い、安全なドッグフードです。

国産無添加ドッグフード「Dr.ケアワン」公式サイトはこちら

3位:馬肉自然づくり

馬肉自然づくり

人用としても販売できるほどの高品質の馬肉を使用して、新鮮さを維持する為に大量に製造するのではなく、注文をされてから各家庭に届けられています。

HACCPに対応したか工場で作られていて、その製造過程は厳しい衛生管理の基にされています。

馬肉は高タンパク質で低カロリーなのでダイエットにはおすすめ!

馬刺し専門店がつくる「馬肉ドッグフード」

4位:ブッチ

ブッチジャパン

世界で最も環境規制が厳しいといわれているのはニュージーランド。

ブッチはそのニュージーランド原産の原材料を厳選して作られています。

長期的に摂取すると健康被害を及ぼす危険性がある人工添加物を使用していません。

『ブッチ』公式サイトはこちら

5位:ナチュロル

ナチュロル

ナチュロルは、動物性たんぱく質として鶏肉・牛肉・馬肉が使用されています。

高タンパク質で低カロリーの肉類を使用しているので、ダイエットに最適♪

穀類や人工添加物を使用していないので、安全なドッグフードといえます。

プレミアムドッグフード【ナチュロル】公式サイトはこちら

ダイエットに最適なドッグフードは『犬心』で決まり!

犬心

犬の体調不良や7大疾患におすすめなドッグフード。

人間だけでなく犬の腸活・菌活も流行してきています。

愛犬の長生きを真剣に考えるなら、普段の食事を見直してみませんか?

『犬心』の公式サイトはこちら