無添加ウェットドッグフードおすすめランキング!安全な犬用缶詰めを比較

【レビュー】肉食の犬にはウェットフードのブッチ(bucth)お試しがおすすめ!

ドッグフードは大きく分けてウェットフードとドライフードがあります。

今回はウェットフードのおすすめランキングや安全なドッグフードの比較をしてみました。

良質な犬用ウェットフードを選ぶ3つのポイント

ウェットフードを選ぶ際の3つのポイントについてまとめてみました。

押さえておきたいポイントはドライフードとも共通していますが、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.グレインフリーであること

グレインフリーであること

トウモロコシや小麦などの穀物は、アミラーゼをほとんど持っていない犬にとって消化しづらい素材。

消化不良をおこし、体内に溜まっていくとアレルギーの原因になってしまいます。

ドッグフードを選ぶ際は必ずグレインフリーであることを確認するようにしましょう。

2.原材料が良質であること

ドッグフードには粗悪な原材料が使用されていることが多々あります。

新鮮で人間が食べても問題がない水準を保っているドッグフードを選ぶようにしましょう。

値段だけでドッグフードを選ぶのは非常に危険。

長い目で見ても、愛犬の健康をキープするには安さだけを求めないようにしてあげてください。

原材料は含有量が多い順に表示されています。

3.無添加ドッグフードであること

着色料はドッグフードを美味しく見せてくれる効果がありますが、犬にとっては特に関係ありません。

香料も美味しそうな香りがしますが、犬にとっては害しかありません。

保存料が入っていれば日持ちはしますが、それだけ有害物質が含まれていると考えるようにしましょう。

ドッグフードを選ぶ際、無添加であることは絶対条件です。

安全な無添加犬用ウェットフード&缶詰めおすすめ人気ランキング

愛犬に安心して与えることができる無添加のウェットフードの人気ランキングになります。

1位:ブッチドッグフード

ブッチドッグフード

ブッチにはニュージーランド産の原材料が使用されています。

ニュージーランドは環境規制が厳しいということもあって、安全性がとても高いんです。

全ての犬種に対応しているだけではなく、どの年齢のワンちゃんに与えても大丈夫だという点でもおすすめです。

グレインフリーで無添加という安心感もあります。

うちでも試しましたが、食いつきに関してはピカイチでした!お試し価格もあるので、ぜひ試してみてください♪

ブッチの詳細はこちら

ブッチのレビュー記事はこちら

2位:カナガンドッグフード(ウェットタイプ)

無添加ウェットドッグフードおすすめランキング!安全な犬用缶詰めを比較

カナガンは缶詰タイプの高品質なウェットフードです。

新鮮なチキンと厳選した野菜を使用しており、かつグレインフリー(穀物不使用)フードです。

添加物も使用していないため、安心して与えることができます。

また栄養価が非常に高く、これだけでも主食として使用できますが、ドライフードのトッピングとして活用する事も可能です。

イギリス最高級のドッグフード『カナガン』の詳細はこちら

3位:goood(グゥード)

グゥードには、鶏、馬、羊の3種類が存在しています。

無添加で国産という点でも人気のウェットフードです。

アレルギー対策だけではなく毛並みの改善にも適しています。

手作り感のあるウェットフードなので、普段量を食べないワンちゃんでもしっかりと栄養が摂れます。

goood(グゥード)の詳細はこちら

4位:シシア(Schesir)ドッグ チキン&パパイヤ

シシア(Schesir)ドッグ チキン&パパイヤには、保存料や着色料といった添加物が一切使用されていません。

品質の良い肉だけを原材料としているので、安心して与えることができます。

補助食品なので、普段の食事にプラスアルファで与えてみると良いでしょう。

犬用のウェットフードとドライフードの違いを比較

【レビュー】肉食の犬にはウェットフードのブッチ(bucth)お試しがおすすめ!

犬用のウェットフードとドライフードの違いについて比較してみました。

どちらも一長一短ではありますが、それぞれ比較して最適なドッグフードを選べるのがベストかと思います。

ウェットフードのメリットは食い付き・食べやすさ・水分量の多さ

ウェットフードの原材料には、畜肉が使用されています。

水分量も多いためドライフードと比べると、風味が豊かで素材の味が生かされているのが特徴。

自然に美味しそうな香りがただようのでワンちゃんの食欲をそそります。

食いつきの良さで選ぶならウェットフードの方がおすすめです。

水分もしっかり補給できるので、夏場の暑い時にも脱水症状などを回避することができます。

ウェットフードのデメリットは栄養量の少なさと歯石の付きやすさ

ウェットフードはどうしても栄養バランスの点においてドライフードよりも劣ってしまいます。

しっかり噛まなくても飲み込んでしまうことができるためドライフードのような歯磨きの効果は期待できません。

むしろ歯にフードが詰まりやすいため、歯垢が溜まり歯石の原因になってしまいます。

老犬・シニア犬の場合はウェットフードの方が適している

愛犬がごはんを食べないのは、飼い主さんにとっては心苦しいものですよね。

年令を重ねて食欲がなくなったり、歯が少ないワンちゃんにはウェットフードが最適!

噛む力が弱くなっているなら、ドライフードを丸呑みするよりはウェットフードのほうが食べやすいです。

シニア犬に与えるウェットフード、検討してみてください。

犬用ウェットフードでよくある質問4選

犬用のウェットフードにまつわる質問についてまとめてみました。

1.犬用ウェットフードはどう保存すればいいの?

未開封状態のウェットフードであれば、常温保存が可能。

しかし、開封をしてしまったらすぐに食べるか、残ってしまった分は冷蔵保存をするようにしましょう。

ウェットフードは水分の割合が多いこともあり、開封をしてしまうと腐りやすい状態になってしまいます。

水分が飛ばないようにするためにも、密封容器に入れ替えるようにしてください。

衛生面でも、移し替える方が安心です。

2.犬用ウェットフードはカロリーが低いって本当?

はい、低いです。

ウェットフードのカロリーは、ドライフードの4分の1とも言われています。

ドライフードと比較すると非常に低いですよね。

ドライフードにウェットフードをかけることで満腹感が得られるので、ダイエットをしているワンちゃんに活用するのもおすすめです。

3.国産の犬用ウェットフードで口コミ・評判が良いのは?

国産で人気のあるウェットフードは、「goood(グゥード)」です。

アレルギー対策も万全ですし、毛ツヤが良くなる効果も期待できます。

国産のドッグフードは、実は粗悪な物が多い中安心して与えることができる貴重なドッグフードでもあります。

4.安い犬用ウェットフードは添加物多いって本当?

本当です。

安いウェットフードには、かさ増しのために大量の穀物が含まれていることがほとんど。

穀物は消化不良を起こし、アレルギーを引き起こす可能性も大いにあります。

値段だけでにつられて買わないように気を付けてください。

犬用ウェットフードを選ぶならブッチで決まり!

【レビュー】肉食の犬にはウェットフードのブッチ(bucth)お試しがおすすめ!

ニュージーランド原産のブッチは、厳しい水準をクリアして作り上げられたドッグフードです。

紹介したウェットフードの選び方のポイントも全て押さえています。

どのウェットフードを選べば良いかお悩みの飼い主さんは、ぜひブッチを試してみてください。

原材料によって3種類から選ぶことができるので、きっとお気に入りのウェットフードに出会うことができると思いますよ。

ブッチの詳細はこちら

ブッチのレビュー記事はこちら