痩せ過ぎの愛犬におすすめ高カロリードッグフードランキング!健康的に太る方法

痩せ過ぎの愛犬におすすめ高カロリードッグフードランキング!健康的に太る方法

愛犬が痩せすぎていたら…飼い主さんとしては、とっても心配ですよね。

かわいい愛犬には健康で長生きして欲しいという思いもあることでしょう。

痩せ過ぎている愛犬におすすめな高カロリーのドッグフードを食べさせてみるのもいいですよ。

一気に太らせるのは体にとっても負担なので、健康的に太れる方法についてお教えします!

愛犬を健康的に太らせるドッグフードを選ぶポイント

ただ単に太らせることは、実はそう難しいことではありません。

しかし、痩せすぎている愛犬が太れば良いという問題ではありません。

いかに健康的に太らせるのかが重要なんです。

それを踏まえた上でのドッグフード選びのポイントは3つあります。

1.原材料が良質な肉類のドッグフードを選ぶ

安価なドッグフードはお買い得ではありますが、粗悪な原材料をふんだんに用いています。

4Dミートと言われる原材料を用いていると言われているのですが、人間が口にできるレベルのものではありません。

人間が食べても大丈夫な、いわゆるヒューマングレードのドッグフードを選ぶようにしましょう。

良質な肉を使用しているドッグフードでなければ、健康的な体作りはできません。

実はゴミでできている?絶対に避けたいドッグフードの原材料の成分とは

2.グレインフリーのドッグフードを選ぶ

犬には穀物を分解する酵素がありません。

それにもかかわらずトウモロコシなどの穀物を含んだドッグフードを食べさせ続けてしまうと、消化不良を起こしてしまいます。

栄養が体に行き渡らないため、痩せすぎている愛犬の状態は良くなりません。

グレインフリーとは?高評判の穀物不使用ドッグフードおすすめランキング

3.カロリーが多めのドッグフードを選ぶ

カロリーが高いドッグフードというのは、肉の量が多いということになります。

穀物などでかさ増しをしているとカロリーも低くなってしまいます。

良質な原材料とたんぱく質を含んでいるカロリー高めのドッグフードを与えることによって、愛犬を健康的に太らせることができるでしょう。

愛犬を健康的に太らせる高カロリードッグフードランキング

健康的に太らせるのにピッタリなドッグフードを3つご紹介いたします。

1位:ファインペッツ

ファインペッツ

ファインペッツは少ない量でしっかりと栄養を摂ることができます。

消化吸収率が非常に高いので食べた分の9割近くが、そのまま体に取り込まれるということなんです。

痩せすぎているワンちゃんは、食べる量自体が少ないということもあるので確実に栄養が摂れるファインペッツはおすすめです。

今なら1,000円で試せますよ♪

FINEPET’Sの詳細はこちら

FINEPET’Sのレビュー記事はこちら

2位:カナガン

カナガン

カナガンに使用されている原材料は、ヒューマングレードでなおかつ新鮮なものだけを厳選しています。

たんぱく質も多めに含まれているので、健康的に太らせるにはおすすめなドッグフードです。

カナガンは食いつきの良さにも定評があります。

痩せすぎている愛犬も喜んで食べてくれるはずです。

カナガンの詳細はこちら

カナガンのレビュー記事はこちら

3位:モグワン

モグワンドッグフード

モグワンの原材料には、鮮度の高いサーモンとチキンが含まれています。

グレインフリーで無添加、そしてコンドロイチンやグルコサミンも含まれているので痩せてきた老犬にもピッタリなんです。

動物性たんぱく質の割合も5割を超えているため、健康的に太らせるのに適したドッグフードと言えます。

今ならお試し100円!プレミアムドッグフード『モグワン』の詳細はこちら

モグワンのレビュー記事はこちら

 

痩せ過ぎの愛犬を健康的に太らせるコツ

痩せすぎている愛犬を健康的に太らせるのにはコツがあります。

具体的な方法について、4つご紹介いたします。

1.ドッグフードの量を増やす

一番手軽に始められるのが、現状与えているドッグフードの量よりも多めにあげるようにすることです。

しかし、食べさせ過ぎてしまうとお腹を壊して下痢になることもあるので、むしろ痩せてしまうという結果になるケースも少なくありません。

便の状態や食いつきなどを確認しながら調整してみてください。

2.ドッグフードの食いつきを良くするために工夫する

実は犬は満腹感を感じることがありません。ですから与えた分を全て食べきってしまうというのが本来の姿でもあります。

与えたドッグフードをなかなか食べきってくれないとお悩みの飼い主さんは、茹でたキャベツや白米などをトッピングしてみてください。

栄養バランスをキープしながら、食いついてくれる可能性も上がります。

3.運動量を減らす

本来運動をすることは健康的で体にも良いことではあるのですが、痩せすぎている犬にとっては運動自体が負担になることもあります。

食事でコントロールが難しい場合は、消費カロリーで調整するという意味でも運動量は減らしていくのも、ひとつの方法です。

4.高カロリーなおやつを与える

ドッグフードの量はこれまで通りで、カロリーが高めなおやつを取り入れるという方法も有効です。

摂取カロリーが増えれば、自然と体重増加も見込めます。

また、食事でカロリーを増やすのも難しいため、おやつという形で与えることによって愛犬も楽しく太ることができるでしょう。

イタグレやスルーキーのように痩せ過ぎに見える犬種もいる

犬が痩せすぎているかどうかというのは、見た目だけで決まるものではありません。

たとえばイタグレやスルーキーといった犬種は、一見不健康なほどに痩せて見えますが、しっかりと筋肉もあるし、健康上何の問題もないことがほとんどです。

あまり飼っている人も多くないし、痩せすぎだとビックリしてしまう方もいるかもしれませんが、痩せすぎて見える犬種もいるということを知っておくと良いかもしれませんね。

犬の体型指標BCS(ボディコンディションスコア)と比較してみる

犬の体型指標BCS

環境省:飼い主のためのペットフード・ガイドラインより引用
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_guide/pdf/full.pdf

人間と違って、痩せすぎているかどうかの判断が難しいこともあるのでボディコンディションスコアや一般的な体型と愛犬を比較してみると分かりやすいですね。

あまりにも痩せ過ぎ・ドンドン体重が減る場合は動物病院へ

肥満も健康上の問題がありますが、痩せすぎにも注意が必要です。

太らせるための方法を実践してもドンドン体重が減ってしまうという場合は、動物病院に相談することをおすすめします。

体内に腫瘍ができていたり、栄養を上手く吸収できないような疾患を抱えていることもあるので、早めに対処してあげることが重要。

愛犬を健康的に太らせるならファインペッツで決まり!

痩せすぎている愛犬を、ただ太らせるだけでは意味がありません。

健康的に体重を増やしてあげることが大切なので、栄養バランスが良く身体への吸収力が費用に高いファインペッツをおすすめします。

愛犬に無理をさせることなく体重増加が期待できますよ。

FINEPET’Sの詳細はこちら

FINEPET’Sのレビュー記事はこちら