犬の体臭を消すドッグフードおすすめランキング!犬の口臭の原因と対策

犬 臭い

愛犬の体臭が気になったことはないでしょうか?

私事ですが、犬くさい臭いは大好きです(笑)

でも飼い主だからであって、他の人は不快なんじゃないかと思うことってありますよね。

実は犬の体臭はドッグフードで消すことができるんです。

犬の体臭に効果的な、おすすめのドッグフードをご紹介します。

犬の体臭とドッグフードの関係性

体臭とドッグフードは一見、何の関係もないように思うかもしれません。しかし、実は密接な関係があるんです。

安価なドッグフードには、トウモロコシや小麦を原料とした質の悪いたんぱく質や脂質が大量に含まれています。

こういった成分が腸内に蓄積されると腸内環境が悪くなり、その結果体臭が気になるようになるという訳です。

グレインフリーとは?高評判の穀物不使用ドッグフードおすすめランキング

犬の口臭とドッグフードの関係性

犬の口臭

ウェットフードはあまり噛まなくても食べることができるため、唾液が分泌されません。

唾液には自浄作用があるため、ウェットフードばかりを与えていると口腔環境が悪化して口臭の原因となってしまいます。

ドライフードを与える方が口臭予防になります。

また、口臭の原因となるのは歯石。

歯石は歯垢が硬くなってできるものなのですが、一度できてしまうと自分で取ることはできません。

歯肉炎や歯周病の原因にもなるので、まずは歯石を作らないようにすることが重要です。

口内環境の悪化は、口臭や体臭に直結します。

ウェットフードは歯に詰まりやすく歯石の原因にもなるため、やはりドライフードを与えるのがベストです。

犬の体臭を抑えるためのドッグフードの3つの選び方

  1. 原材料が高品質なドッグフード
  2. グレインフリードッグフード
  3. 高たんぱく質ドッグフード

犬の気になる体臭を抑えるためのドライフードの選び方のポイントを3つご紹介します。

1.原材料が高品質なドッグフードを選ぶ

原料が粗悪なドッグフードは安く売られていますが、犬にとってメリットはありません。

体臭や口臭の原因にもなります。

体臭を抑えるためには、原料の品質が高いということが絶対条件になります。

2.グレインフリーのドッグフードを選ぶ

市販のドッグフードには保存料や香料などの添加物や、かさ増しのためにトウモロコシや小麦などが加えられています。

添加物のカスや消化しにくい穀類が腸にたまることによって、悪臭を発生させる原因に。

穀類不使用のグレインフリードッグフードを選ぶと、体臭や口臭が解消されるかもしれません。

3.高たんぱく質な肉が原材料のフードを選ぶ

粗悪なたんぱく質を摂取すると体臭がキツくなることがあります。

臭いのあるたんぱく質も体臭の元。

ドッグフードを選ぶ際は原材料に良質な高たんぱく質の肉が使われているかどうかを確認してください。

犬の体臭改善に効くおすすめドッグフードランキング

犬の体臭を改善するのにおすすめなドッグフードをランキング形式でご紹介します。

1位:モグワン

モグワンはサーモンとチキンをメインとして作られています。

野菜も入っていてそれぞれの品質も高いため、体臭改善に最適なドッグフードです。

もちろん無添加で高たんぱく質でもあります。

プレミアムドッグフード『モグワン』の詳細はこちら

モグワンのレビュー記事はこちら

 

2位:カナガン

カナガン

カナガンに使用されているチキンは、平飼いされた高品質な物だけを厳選しています。

添加物や穀物も一切使用していません。

良質なたんぱく質もたっぷり含まれているので、体臭予防に効果的です。

イギリス最高級のドッグフード『カナガン』の詳細はこちら

3位:ナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフードは、香料や保存料、着色料といった添加物を一切使用していません。

その名の通り、ナチュラル

グレインフリーなので消化吸収も良く、腸内環境が整うことによって体臭も改善されます。 

アランズナチュラルドッグフードの詳細はこちら

ドッグフード以外の犬の体臭の5つの原因と対策

  1. シャンプー後に生乾きで雑菌が増殖
  2. 目ヤニや耳垢など老廃物をお手入れしていない
  3. 肛門腺の分泌物が溜まっている
  4. 犬の口内環境の悪化(歯石・歯槽膿漏・歯肉炎)
  5. 病気の可能性(続発性脂漏症)

犬の体臭の原因はドッグフードだけではありません。

その他の考えられる原因と対策は以下の通りです。

1.シャンプー後に生乾きで雑菌が増殖

せっかくシャンプーをして綺麗にしても、ドライヤーできちんと乾かさなければ生乾きの原因になってしまいます。

一見綺麗に見える犬の被毛も菌がたくさんいますので、生乾きの状態だと菌がどんどん繁殖します。

臭いの元になってしまうので、シャンプー後はちゃんと乾かしてあげましょう。

2.目ヤニや耳垢など老廃物をお手入れしていない

目ヤニや耳垢は菌の塊です。これらはこまめにお手入れしてあげないと、菌の繁殖を促してしまいます。

体臭の原因になることも。

涙やけを起こしやすい犬種は特に気を付けてあげましょう。

3.肛門腺の分泌物が溜まっている

犬にはマーキングをする習性があるのですが、マーキングの際に使われるのが肛門線なんです。

肛門線は、強い分泌物を出すこともあってそれが排出されずに蓄積されてしまうと体臭の原因に。

痒がっている様子を示すようであれば、肛門線に分泌物が溜まっているかもしれません。

4.犬の口内環境の悪化(歯石・歯槽膿漏・歯肉炎)

歯垢が溜まると歯石になるのですが、歯石を放置しておくと口腔環境は悪くなる一方です。

歯茎が痩せていき、歯肉炎を引き起こし歯槽膿漏の原因にもなります。

こういった口内環境の悪化は口臭や体臭をキツくしてしまうので、早めの治療と普段からのケアが大切です。

5.病気の可能性(続発性脂漏症)

犬の体臭がキツイ場合、病気の可能性も考えられます。たとえば続発性脂漏症

これは皮脂が過剰分泌されることによって皮膚が臭いを放ちます。

先天性の場合と後天性の場合の両方が考えられます。

定期的にシャンプーをしてフケや汚れを落とし、皮膚を清潔に保つことで改善が見られることもあります。

犬の皮膚病&アレルギー性皮膚炎におすすめの薬用シャンプーとやり方とは

体臭が比較的キツイとされている犬種

体臭がキツイ犬種というのもあるのでご紹介しておきます。

ダブルコートの犬種

ポメラニアン

ダブルコートの犬種は被毛も多く、被毛自体も密着しているため通気性が悪く体臭がキツイとも言われています。

代表的な犬種は、以下の通りです。

ポメラニアン

ポメラニアンの被毛はクルクルっとしているため、ドッグフードやおやつ、排泄物などが絡まりやすく臭いの元になってしまいます。

飼い主さんの目の届かないところに絡まっていることもあり、長時間経過してしまうことによってキツイ体臭を放ちます。

コーギー

コーギーは胴長短足な体型をしていることもあって、オシッコを上手くできずに被毛に染み付いてしまうことが多々あります。

これが体臭の原因となってしまっています。

柴犬

野生っぽさを残している柴犬は、家庭で飼われるようになってからも気質が変わっていないこともあって体臭がキツめだと言われています。

オスよりもメスの方が臭いが強い傾向があります。

ゴールデンレトリーバー

ゴールデンレトリバーは他の犬種よりもヨダレの量が多く、垂れ耳のところに汚れも溜まりやすいため臭いの原因になりがちです。

短頭種の犬種

パグ

口先の短い短頭種も臭いがキツイと言われています。具体的な犬種に関しては、以下の通りになります。

パグ

クシャッとした顔がキュートなパグですが、シワの隙間は通気性が悪く細菌が繁殖しやすくなっています。

これが臭いの原因となるため、体臭がキツイ傾向があります。

フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグはヨダレが多く、パグと同様に顔に多数のシワがあります。

これらが原因となって体臭がキツくなってしまいます。

ヨークシャ―テリア

ヨクシャーテリアはサラサラとした被毛に覆われているイメージがあるかと思いますが、実は脂っこいんです。

皮膚もベタつきがあるため、臭いが強いとされています。

子犬の体臭改善にもモグワンはおすすめ出来る

犬の体臭は犬種の問題もありますが、ドッグフードで改善できることも多いのが実情。

子犬の体臭改善には、断然モグワンがおすすめです。 

子犬の頃から体臭改善に気を付けておけば、成犬になった時もずいぶん違ったものになってきます。

犬の体臭改善におすすめなのはモグワン

モグワンドッグフード

体臭改善に効果的なポイントをご紹介させていただきましたが、全ての基準を満たしているモグワンは栄養バランスの点においてもおすすめです。

愛犬の体臭にお悩みの飼い主さんは、一度是非試してみてください。

モグワンの詳細はこちら