【老犬の餌】高齢なシニア犬におすすめのドッグフード人気ランキング

シニア犬におすすめドッグフードランキング

小型犬・中型犬では8歳、大型犬では7歳くらいからシニア犬のライフステージ。

シニア犬になると運動能力や代謝能力の低下や見られるようになり、ドッグフードの種類や与え方もそれにふさわしいものに変えてあげましょう。

シニア犬・老犬におすすめのドッグフードフード人気ランキングをご紹介します。

老犬に与えるドッグフードの選び方5つのポイント

老犬に与えるドッグフードを選ぶ際には、老犬の食事にふさわしい5つのポイントがあります。

  1. 低脂肪
  2. 動物性高タンパク質
  3. 低炭水化物
  4. 無添加
  5. 穀物不使用

このポイントが必要な理由を押さえておきましょう。

1、低脂肪のドッグフード

ドッグフードに含まれる糖質は、脂肪として蓄積されます。

老犬は消化機能力が落ちているので、脂質の摂り過ぎは肝機能の低下を引き起こします。

適度な脂質量は12~19%。これを目安にして脂質が少ないものに切り替えてあげましょう。

2、動物性高タンパク質のドッグフード

タンパク質は血・骨・筋肉・皮膚・被毛を作る大切な成分。

タンパク質やカルシウムが不足になると、消化吸収能力や筋肉や骨の衰えにつながります。

理想的なタンパク源は「良質の動物性タンパク質25%以上」です。

粗悪なタンパク質は老廃物(体内に不要もの)になるだけ。

原材料表示がきちんと記載されているものを選びましょう。

3、低炭水化物のドッグフード

犬は炭水化物を消化しにくいので、消化不良や便秘を起こす原因になります。

多く取り過ぎると、糖尿病や体重増加による関節の病気にも。

老犬の健康の為にも、炭水化物の含有量は19%以下に抑えた物を選んであげましょう。

4、無添加のドッグフード

保存料、酸化防止剤、着色料、香料などの人工添加物を長期に渡って摂取すると、がんや慢性疾患の原因になります。

粗悪な肉を使っているフードは危険な添加物が配合されているケースがほとんど。

老犬になると免疫力の低下から、病気にかかる確率も高くなってくるので、無添加のドッグフードを選んであげることは必須条件です。

5、穀物不使用のグレインフリードッグフード

犬にとって穀物は消化しにくく、大豆やトウモロコシはアレルギーの原因にもなります。

穀物アレルギーがある犬は、皮膚のかゆみやただれを起こしてしまうことも。

老犬は皮膚の状態も低下していくので、穀物アレルギーがある犬には辛い思いをさせてしまうことになります。

穀物は、原材料の量を増やすために使用されます。

ドッグフードは穀物不使用のグレインフリーのものを選んであげましょう。

シニア犬のドッグフード・ドライフード人気ランキング

シニア犬・老犬の健康維持に欠かかせない「犬におすすめの種類が充実しているブランド・通販サイト」をおすすめ順にランキングしてみました。

1位:ピッコロ

ピッコロドッグフード

運動量が減ってきたから必要以上のカロリーは控えたい。

グレイン(穀物)や有害な添加物など、体の負担になるものは避けたい。

という願いから生まれた「美味しさと健康ケアを両立させたシニア犬ドッグフード」。

体調管理が難しいシニア犬を助けるため、カロリーと脂質控えめのレシピ構成になっており、チキンとサーモンの配合量はなんと70%!

健康的な身体のサポートにつながります。有害な添加物もグレイン(穀物)も一切不使用です。

うちの愛犬には現在こちらを与えています。定期購入なのでとても便利ですよ♪

シニア犬も驚く美味しさ!ヘルシードッグフード『ピッコロ』

ピッコロのレビュー記事はこちら

2位:ブッチ

ブッチドッグフード

ブッチはウェットタイプのドッグフードで、当サイトで紹介している中で食いつきはピカイチ!

年をとって歯が弱くなってきたり、抜歯しているワンちゃんにもとても食べやすくなっています。

食欲がなくなってきたワンちゃんにもおすすめですよ。

ビーフ・ラム・チキンが主原料のブラックレーベル、チキン80%のホワイトレーベル、チキンとフィッシュが92%を占めるブルーレーベルがあります。

アレルギーの有無や、ワンちゃんの好みに合わせて選べます。

3,000円で3種類試せるトライアルセットもあるので、まずはそちらを試してみてくださいね♪

ブッチの詳細はこちら

ブッチのレビュー記事はこちら

3位:モグワン

モグワンドッグフード

抗酸化成分としての野菜や果物をたっぷり含んでいるので、酵素が多く含まれています。

酵素は、免疫力を高める働きがあります。

高齢犬に必要な動物性タンパク質は、良質なチキンとサーモンが50%の割合で配合。

人間でも食べられる(ヒューマングレード)食材を使用しているので消化吸収率も極めて高くなっています。

関節ケアとして注目されているグルコサミン、コンドロイチンの他にMSM(メチルサルフォニルメタン)という鎮作用、炎症を抑えるという成分が配合されています。

今なら先着1000名様限定で100円で試すことが出来ます!

食いつきが気になる方はぜひ試してみてください。

今ならお試し100円!プレミアムドッグフード『モグワン』の詳細はこちら

モグワンのレビュー記事はこちら

4位:馬肉自然づくり

馬肉自然づくり

熊本の馬刺し専門店のオーナーが開発した「人が食べても美味しい」新鮮馬刺しを使用した安心安全なフード。

添加物・保存料・着色料・香料不使用のシニア・小型犬のための専用設計となっています。

馬刺しの優れた点は、高たんぱくなのに低脂肪・低カロリー。

鉄分やカルシウム、ビタミンも豊富で栄養満点の食材です。

馬刺し専門店がつくる「馬肉ドッグフード」公式サイトはこちら

5位:Dr.ケアワン

動物栄養学博士監修の元に開発された、国産、無添加、機能性サポート成分(抗酸化成分)配合のドッグフード。

ポイントは、

  1. 犬の健康を維持する抗酸化成分が免疫力を保ち愛犬の健康を維持
  2. 加齢による関節機能の低下に対応、健康な関節を守る
  3. 高品質のタンパク質が、老犬の衰えやすい筋肉を助ける
  4. 腸内フローラを良好にし、体の中から健康を維持
  5. 添加物は不使用

の5つです。

国産無添加ドッグフード「Dr.ケアワン」公式サイトはこちら

6位:ナチュロル

ナチュロル

新鮮な生肉55%だから健康でピカピカな毛つやになります。

世界初の安定・持続型ビタミンCを高濃配合。ビタミンCは、健康的な免疫力を維持するのに効果的。

獣医師、ペット栄養管理士監修で作られた手作り感覚のドッグフードで、犬の健康を内側からサポートします。

手作りからの切り替え率が多数。

アレルギーを誘発するという品目が徹底排除されています。

プレミアムドッグフード【ナチュロル】公式サイトはこちら

ナチュロルのレビュー記事はこちら

7位:犬心

犬心

獣医士の監修、大学との連携、栄養学の専門家チームで開発された、特別療法食です。

特別療法食とは、食事の成分や量などを調整することで、病気の進行を抑えたり、症状を軽減させたり、病気の臓器を守ることを目的の食事のこと。

無添加、国内製造。

高血糖、高脂血がかかわる7つのトラブル・病気(クッシング症候群、膵炎、甲状腺機能低下症、高脂血症、糖尿病、メタボ肥満、脂質代謝異常症)をすべてケアした、人も食べられる「療法食フード」です。

【犬心 糖&脂コントロール】公式サイトはこちら

ドッグフードを成犬向けから老犬向けに切り替える理由

ドッグフードにはライフステージごとに種類がありますよね。

ライフステージごとに切り替えたほうがいい理由は、

  • 摂取カロリーの調節
  • 咀嚼能力の低下
  • 歯が弱ってくる

があります。

摂取カロリーの調節

成犬時は体力がありますが、年令を重ねると体力の低下とともに、運動量も減少していきます。

また、消化機能も低下していくんです。

成犬と同じ量のカロリーを摂取していると、運動量の減少のため消費カロリーの低下に加え、消化機能低下から消化不良を起こしたり、肥満の原因になります。

そのため、消化に良いものや、低カロリードッグフードに切り替える必要が出てくるんですね。

咀嚼能力の低下

老犬になってくると顎の力も低下してきます。

ドライフードをふやかしたり、ウェットフードに切り替えるなどの対策が必要になります。

歯が弱ってくる

人間と同じで、年令を重ねると歯がぐらついてきたり抜けてきたりという支障がでてきます。

歯が少ないと、丸呑みが普通になってきます。そうなると消化不良が心配ですよね。

消化にいいドッグフードを選ぶことをおすすめします。

成犬用から老犬向けドッグフードに切り替えるタイミング・年齢とは

小型犬は6歳から、大型犬は5歳からが老犬用ドッグフードへの切り替え時期。

一般的な老犬ドッグフードへの切り替えの基準は「7歳から」ですが、個体差があるので愛犬の状態を見ながら切り替えてあげるとよいでしょう。

犬の年齢は1歳を人間の17歳程度、その後は1年で4歳ずつ加算していくという方法が一般的な考え方。

人間の40歳を「シニア犬」、60歳を「高齢犬」とすると、小型犬は6歳から「シニア犬」、11歳からが「高齢犬」大型犬は5歳からがシニア犬、8歳からが「高齢犬」

この年齢を目安に、成犬用から老犬用のドッグフードに切り替えると良いでしょう。

老犬用ドッグフードは成犬用と何が違うの?

シニア世代になると、体力の衰えが目立ってきます。

老犬用ドッグフードは、健康維持に効果的な機能性成分を配合したり、消化機能の低下をサポートするものになっています。

成犬用のドッグフードとの違いは、消化吸収のよいタンパク源の使用、運動量が少なくなるためにカロリーを抑えたものです。

抗酸化成分(犬の健康を維持するために必要な成分)の増量や関節のサポートのためにグルコサミンコンドロイチンの配合など、原材料の種類や成分のバランスに違いがあります。

老犬の正しいご飯・食事の与え方

老犬の食事は、運動量が減るため、高蛋白、低脂肪・低カロリーの食事にします。

消化器官の機能低下による、消化不良を避けるために、消化の良い食事にシフトしてあげましょう。

ふやかす

ドッグフードをふやかして与えることで消化の手助けに。

自然な形での水分補給、歯の弱った老犬でも食べやすくなるといった効果があります。

ぬるま湯程度の温度(30℃~40℃前後)を注ぎ、15分~30分くらい浸して、じっくりとふやかして与えましょう。

犬が火傷をしないように十分にさましてから与えてください。

トッピングでアレンジレシピ

食欲の低下は、十分なカロリーや栄養素の摂取ができません。

ドッグフードにトッピングをしてアレンジしてあげると食欲アップにつながります。

老犬に良いとされるトッピングは、焼いた肉や魚、納豆類、ヤギのミルク、チーズ。

ドッグフードの粒よりも小さくし、カロリーオーバーにならないように、少量を与えましょう。

老犬のご飯の回数と間隔

老犬は、一度に食べきれる食事の量が少なくなるので、一日の食事の量を数回に分けて与えます。

健康維持に必要な食事の量を維持しつつ、体調や状態を見ながら、4回から5回に分けて食べさせてあげましょう。

老犬になって食欲が落ちてご飯を食べない時の対策とは

老犬になって1回のご飯を残すようになるのは、運動量が減ったことと、内臓機能の低下が原因。

しかし、1日に必要な摂取量を与えないと、健康維持に支障が出てきます。

特に老犬用ドッグフードには、関節機能をサポートするグルコサミンやコンドロイチンが配合されているので、これらの成分が不足してしまいます。

老犬になって食欲が落ち、食べなくなった時の対策は、ドッグフードをお湯でふやかしたりトッピングをする方法があります。

ドッグフードをお湯で柔らかくすると香りが立って、食いつきがよくなります。

トッピングをする場合は、焼いた肉、野菜やチーズを少量与えてみてください。

あくまでも食い付きをよくするためのもので、量が過ぎるとカロリーオーバーになったり、肉を加えることによって栄養バランスを崩してしまうこともあるので気を付けること。

トッピング用に販売されている専用のフードを利用するのもよいでしょう。

老犬のおやつは慎重に!ドッグフードと合わせてカロリー計算を!

老犬のおやつに関してもドッグフード同様に、高蛋白、低脂肪・低カロリーのものを選択すると良いでしょう。

そして忘れてはいけないのはドッグフードとおやつを合算して、1日の摂取目安となるカロリーを超えないようにすることです。

また消化能力も落ちているため、低脂肪で消化に良いおやつを選択しましょう。

【無添加】安全な犬のおやつ人気ランキング!おすすめ通販メーカー選び方

老犬に与えるドッグフードは『ピッコロ』で決まり!

ピッコロドッグフード

人気のモグワン・カナガンの会社がシニア犬のために開発したドッグフード。

チキンとサーモンが70%と贅沢に配合さていて、もちろん安心の素材でできています。

ピッコロを日々の食事として与えるだけでシニア犬の健康管理にも役立ちます。

今ならWEB限定で最大20%OFFでお得に購入できますよ♪

シニア犬も驚く美味しさ!ヘルシードッグフード『ピッコロ』

ピッコロのレビュー記事はこちら