パグのドッグフード人気ランキング!評判が良いおすすめの餌の選び方

独特な顔立ちと愛嬌たっぷりのパグは、今や世界中でも大人気のワンちゃんです。

穏やかな性格で、攻撃的な面を見せることもないので、赤ちゃんがいるご家庭でも安心して一緒に過ごすことができます。

パグを飼う上で重要な問題となってくるドッグフードは、選ぶポイントがいくつかあるので、実際の製品と一緒にご紹介していきますね。

パグの餌を選ぶ際の注意点とは?

パグのチャームポイントの顔や体のシワですが、実は細菌が繁殖しやすい環境でもあるんです。

日頃から衛生的に過ごすことでもある程度は改善ができるのですが、餌自体を見直すだけでも、状況は変わります。

栄養バランスや含まれている成分など、しっかりと厳選して餌を選んであげましょう。

高品質なパグの餌を選ぶ3つのポイント

パグの餌を選ぶ上で、絶対に外すことができない3つのポイントをご紹介します。これさえ押さえておけば失敗しません。

1.無添加なドッグフードを選ぶこと

ドッグフードの添加物には、発ガン性物質が含まれている場合があります。

人間が食べるコンビニのオニギリなどにも添加物が含まれていますが、これとは比較にならないくらいの量の添加物が、ドッグフードには含まれているんです。

その理由は規制が緩く、低価格で提供できるからなのです。

ですからドッグフードは値段の安さで決めるのではなく、無添加の物を選ぶようにしてあげてください。

特にパグは体に優しいものが無添加が良いです。

2.グレインフリーのドッグフードを選ぶこと

穀物が含まれているドッグフードは、パグの体に大きな負担を与えてしまいます。

穀物は消化不良を起こしますし、肥満にもなりやすいので、グレインフリーのドッグフードを選ぶようにしましょう。

太っているパグも可愛いのですが、肥満のリスクは避けた方が良いです。

そして肉や魚をメインのドッグフードでなら肥満対策にもなります。

3.高たんぱく質で高品質な原材料を使用していること

パグはムチムチとした体に見えますが、意外と筋肉質でもあります。

この筋肉を維持するために、たんぱく質は不可欠です。たんぱく質を多く含んでいるドッグフードを選んでください。

筋肉量を維持することができれば、皮膚病や肥満の対策にも繋がります。 

パグにおすすめなドッグフードランキング

先ほどのポイントを元におすすめなドッグフードをご紹介します。是非ご参考にしてみてくださいね。

1位:モグワン

モグワンドッグフード

パグにおすすめなドッグフードはモグワンです。モグワンはパグ好みの肉の味がしっかりとするドッグフードです。

モグワンは高品質なチキンとサーモンがたっぷり入っているので、美味しく食べてくれるためおすすめなフードです。

またモグワンはグレインフリーで無添加であるため、パグの罹りやすい皮膚病発症のリスクを抑えることができます。

今ならお試し100円!プレミアムドッグフード『モグワン』の詳細はこちら

モグワンのレビュー記事はこちら

2位:カナガン

カナガン

カナガンはパグの体に優しいドッグフードです。余計なものが一切使用されていないという安心感があります。

人口添加物は、人間にとっても犬にとっても体に悪いものとされています。カナガンには、それらが一切含まれていません。

パグは皮膚がたるんでいるということあり、皮膚病を起こしやすいです。

体質も少なからず影響はしていますが、ドッグフードで防げる部分も多いです。

イギリス最高級のドッグフード『カナガン』の詳細はこちら

カナガンのレビュー記事はこちら

3位:ブッチ・ドックフード

ブッチ・ドッグフードは、プレミアムドッグフードマークが付いている高品質フードです。

ドライフードをなかなか食べてくれないワンちゃんにはこの肉本来の水分含有量と必須栄養素は入ったブッチ・ドッグフードが超おすすめ♪

穀物由来の原料は一切使っていなくて、肉以外に野菜も採れるニュージーランド産の最高等級ドッグフードです。

無添加プレミアムドッグフード『ブッチ』の詳細はこちら

ブッチのレビュー記事はこちら

4位:ファインペッツ

ファインペッツ

ファインペッツはコストパフォーマンスが高いという点でおすすめです。

高品質なドッグフードは高価格というイメージがあり、なかなか続けるのも難しいのですが、そんな悩みを解決してくれるのがファインペッツなんです。

パグのデリケートな皮膚も、きちんとケアしてくれるので、安心して与えることができます。

今なら1,000円で試せますよ♪

FINEPET’Sドッグフードの詳細はこちら

FINEPET’Sのレビュー記事はこちら

5位:ロイヤルカナン BHN パグ 成犬用 

ロイヤルカナンは非常に知名度が高いドッグフードです。

主原料は良質な方なのですが、残念ながら添加物が多いのが気になります。BHA、没食子酸プロピル、ビートバルブなどが添加されています。

特にBHAは、発がん性が指摘されている酸化防止剤なので注意が必要です。

ロイヤルカナンの詳細はこちら

パグに与えるドッグフードの給餌量・カロリー・食事回数はどのくらい?

成犬のパグであれば、ドッグフードの回数は1日2回になります。

肥満気味であったり、何かしらの病気にかかっている場合は、調整が必要になりますので、あくまでもひとつの目安としてみてください。

また必要なドッグフードの量についてですが、5キロのパグであれば85グラムが目安になります。

カロリーは体重1キロ当たり、15キロカロリーで計算してみてください。

パグがドッグフードを食べない時の正しい対処法とは?

パグがドッグフードを食べない時というのは、いくつかの理由が考えられます。

まずは体調が良くないということ。人間も具合が悪かったら、食欲がなくなることがありますよね。

場合によっては、病院に連れて行くことも必要です。

また、ドッグフード自体が気に入っていないという可能性も考えられます。

パグはお肉の香りを好むので、お肉がたっぷり入っている美味しそうなドッグフードに変えてみるのもひとつの方法です。 

異物を食べてしまっているということも考えられるので、適宜様子を見てあげましょう。

パグ専用のドッグフードは存在するの?

イースターやロイヤルカナン、ウェルケアなどから、パグ専用のドッグフードが販売されています。

しかしコスパ重視なのでパグの体に良いものであるとも限りません。

餌選びのポイントを参考にしながら、体に優しいドッグフードを選んでくださいね。

モグワンがパグにおすすめな理由とは?

モグワンはパグがかかりやすいと言われている病気のリスクに対して、免疫力を高めるような成分で構成されています。

肥満や皮膚病対策にもなるので、モグワンはおすすめです。

穀物が一切使用されておらず、栄養もしっかり摂取することができるモグワンは、パグにぴったりのドッグフードと言えます。 

モグワンはパグの涙やけにも効果的!

モグワンは涙やけにも効果が期待できるドッグフードです。

涙やけの原因は、体質と考えられがちなのです。

しかしドッグフードを変えるだけで、悩まされ続けていた涙やけがなくなることも珍しくありません。

穀物が含まれていたり、粗悪な材料を使って安く提供しているようなドッグフードは、涙やけの原因となりえます。

モグワンのようにグレインフリーで無添加のドッグフードであれば、涙やけ対策にもなりますから、お悩みの方は是非切り替えてみてください。

パグの食いつきの評判の良さで選ぶならモグワン!

モグワンドッグフード

パグの食いつきの良さという観点からもモグワンはおすすめです。

モグワンという商品名は、犬がモグモグとあっという間に食べてしまったことから名づけられています。

それほどまでに、食いつきの良いドッグフードなんです。

ドッグフード選びにおいて、食いつきの良さというのも重要なポイントです。

食いつきが良いという点でも、モグワンは自信を持っておすすめします。

今ならお試し100円!プレミアムドッグフード『モグワン』の詳細はこちら

モグワンのレビュー記事はこちら