愛犬に最適!ペットにおすすめなウォーターサーバーランキング

貴方は自分の愛犬に本当に安心できる水を飲ませていますか?

ドッグフードは無添加で安全なフードに拘っているのに、愛犬への水は水道水を与えている。そんな矛盾した日々を送っていませんか?

勿論、それ自体は決して悪いことではありません。

しかしドッグフードにも拘るなら、愛犬の水にもこだわってみませんか?

人が飲む飲料水としても最高峰ですし、ドッグフードをふやかしたり、白湯を作るのにも使用可能です。とても便利なのでおすすめです♪

目次

失敗しないペット向けのウォーターサーバーの選び方と3つのポイント

こちらではペット向けのウォーターサーバーを選ぶ際の3つのポイントについて解説します。外せないポイントなので、押さえておきましょう。

1.尿路結石を防ぐために硬度が低い軟水の水を選ぶ

犬の便秘対策で水分補給!しっかりと水を飲ませよう

まず最初に知ってほしいのは、軟水の水を提供しているメーカーを選ぶということです。

何故かと言うと、硬度が高い水=マグネシウム、カルシウムの含有量が多い水を選んでしまうと、尿路結石の原因になってしまうからです。

ほうれん草などに多く含まれるシュウ酸と、尿内のカルシウムが結合することで、シュウ酸カルシウム結石が出来てしまいます。

またマグネシウムもリンが結合することで、ストラバイト結石という結石が出来るリスクもあるため、高度の高い水は避けるべきです。

目安としては硬度60mg/L以下の軟水。可能であれば30mg/L以下だとベストです。

2.人も飲むことを考えて水がおいしい天然水のメーカーを選ぶ

ちなみにウォーターサーバーの水は、人が飲むことを考えて天然水を選んだほうが良いです。

何故かと言うと、多くのウォーターサーバーには毎月24Lという購入ノルマがあり、ワンちゃんだけだと24Lを飲み切れない可能性があるからです。

ちなみに24Lを30日で割ると、1日あたり800mLの水を飲む必要性があります。

犬の1日に必要な水分量 (フードから摂る水分を含む)

2kg ⇒ 190ml
3kg ⇒ 260ml
4kg ⇒ 320ml
5kg ⇒ 370ml
6kg ⇒ 430ml
7kg ⇒ 480ml
8kg ⇒ 530ml
9kg ⇒ 580ml
10kg ⇒ 630ml
15kg ⇒ 850ml
20kg ⇒ 1060ml
25kg ⇒ 1250ml
30kg ⇒ 1440ml
35kg ⇒ 1610ml
40kg ⇒ 1780ml

出典: 飼い主のためのペットフード・ガイドライン |環境省

そうなると体重15kg以下のワンちゃんの場合は、単純に飲み切れないです。

ですから人が飲むことも考えて、水の味がおいしい天然水のメーカーを選びましょう。

ちなみにウォーターサーバーの水は全て天然水ではありません。クリクラやアクアクララなどの大手はRO水という濾過した水を使っています。

それが悪いわけではないのですが、味という観点では天然水が優れている傾向があります。

3.トータルコストが安い継続しやすいメーカーを選ぶ

そして最後はトータルコストが安く、継続しやすいメーカーを選ぶということです。

ウォーターサーバーには水代以外にも、レンタル料、送料、電気代などの費用がかかります。それ込みでお得なメーカーを選ぶことが大事です。

ただし最近のメーカーは、水代と電気代のみというシンプルな料金システムが主流です。

フレシャス、コスモウォーター、プレミアムウォーターなどの天然水を売りとしているメーカーを選んでおけば間違いありません。

愛犬におすすめ!ウォーターサーバー・宅配水人気ランキング

これらのポイントから愛犬におすすめなウォーターサーバーを、ランキング形式でご紹介します。参考にしてみてください。

1位:フレシャス

愛犬向けのウォーターサーバーを選ぶならフレシャスがベストです。

硬度の低い軟水を使用しており、トータルコストも比較的安いのが魅力です。

また女性の飼い主さんに優しいサービスを提供しており、最新モデルのフレシャスslat(スラット)と、dewo(デュオ)はグッドデザイン賞を受賞しました。

愛犬の健康と日々の生活の充実を目指すなら、最初に検討すべきメーカーです。

水の種類 天然水
水の硬度 23mg/L(軟水)
価格(税込み) 1,465円/9.3L(78円/500ml)
レンタル料 無料
電気代 330円/月
対応地域 全国
総コスト(24L使用時) 4,160円/月
おすすめ度 ★★★★★

フレシャスの詳細はこちら

2位:コスモウォーター

愛犬へのウォーターサーバーを選ぶならコスモウォーターも魅力的です。

コスモウォーターは天然水サーバーで業界シェア1位のメーカーです。安心・安全・おいしい天然水をお手軽価格でご家庭へお届けしています。

グッドデザイン賞受賞したデザイン性の高さも魅力です。

水の種類 天然水
水の硬度 53mg/L(軟水)
価格(税込み) 1,900円/12L(79円/500ml)
レンタル料 無料
電気代 465円/月
対応地域 全国
総コスト(24L使用時) 4,265円/月
おすすめ度 ★★★★☆

コスモウォーターの詳細はこちら

3位:アクアクララ

愛犬向けのウォーターサーバーをならアクアクララもおすすめです。

アクアクララは抗菌仕様で殺菌対策がばっちりのウォーターサーバーです。天然水よりも安全性の高いRO水を使用している点も見逃せません。

北は北海道、南は沖縄まで対応しているため全国どこの家庭でも推奨できるサーバーです。

水の種類 RO水
水の硬度 29.7mg/L(軟水)
価格(税込み) 1,296円/12L(54円/500ml)
レンタル料 1000円/月
電気代 700円/月
対応地域 全国(沖縄含む)
総コスト(24L使用時) 4,100円/月
おすすめ度 ★★★☆☆

アクアクララの詳細はこちら

ペット向けのウォーターサーバーの性能・費用・電気代を徹底比較

フレシャス コスモウォーター アクアクララ
メーカー
水の種類 天然水 天然水 RO水
水の硬度 23mg/L(軟水) 53mg/L(軟水) 29.7mg/L(軟水)
価格(税込み) 1,465円/9.3L
(78円/500ml)
1,900円/12L
(79円/500ml)
1,296円/12L
(54円/500ml)
レンタル料 無料 無料 1000円/月
電気代 330円/月 465円/月 700円/月
対応地域 全国 全国 全国(沖縄含む)
総コスト(24L使用時) 4,160円/月 4,265円/月 4,100円/月
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆
公式HP 公式HP 公式HP 公式HP

※表はスマホでは左右にスクロール可能

続けてランキングでご紹介したメーカーの性能や月額料金を比較していきましょう。

こうしてみると、ランキング1位のフレシャスが特に優れていることがわかりますね。水の硬度も低いですし、トータルコストも安いです。

コスモウォーターとアクアクララも優れていますが、フレシャスには一歩及ばないですね。

ウォーターサーバーを導入するとココが便利!メリット5選

続けてウォーターサーバーを導入すると、便利な点やメリットを5つご紹介しますね。

1.いつでもふやかしてウェットフードが作れる

まず最初に伝えたいのはお湯を使ってドライフードをふやかして、いつでもウェットフードを作れる点です。

特にワンちゃんが高齢だった場合や、体調が悪い場合、ドッグフードを食べない場合はドライフードをふやかすことが有効です。

ウォーターサーバーの場合は常時お湯が使えるので、シニア犬の飼い主さんの場合はウォーターサーバーは重宝します。

2.ペットが好む白湯(ぬるま湯)がすぐに作れる

ワンちゃんによっては白湯(ぬるま湯)の方が飲みが良い場合があり、白湯をすぐに作れるウォーターサーバーは重宝します。

ウォーターサーバーの場合はお湯と冷水を混ぜることで、簡単に白湯を作ることが出来ます。

ちなみに余談ですが、人が水を飲む場合でも体を冷やさない白湯はおすすめです。飼い主さんの健康維持にも有効です。

3.夏場は冷水が飲めるから愛犬の熱中症予防に最適

先程と言っていることは矛盾しますが、夏場の場合は体をすぐに冷やせる冷水がいつで飲めるのは魅力です。

特にワンちゃんは体温調節がうまく出来ないので、冷水で身体を冷やすことは犬の熱中症予防にも効果的だと言えます。

これは飼い主さんにも言えることで、夏場はウォーターサーバーがあると特に重宝します。

4.愛犬が水をよく飲んでくれる!という満足した口コミや評判が多い

ウォーターサーバーの水は変な臭いがないので、愛犬の飲みっぷりも良い傾向が強いです。

ジャックはアクアクララのお水が気に入っているみたいです。
あまりいろんなニオイがついていないほうが好みのよう。

出典:https://gochisou3.exblog.jp/24402507/

暑い日は特に選びました!水道水独特のにおいが温度で強まるのかな?
水道水を冷やした物よりアクアクララさんのお水の方が飲みました♪

出典:http://setuyakudekirei.blog.fc2.com/blog-entry-175.html

ここでいう独特な臭いというのは、カルキ臭・塩素の臭いの事です。

口コミを見た範囲では、ウォーターサーバーの水は水道水と比較しても、かなり飲んでくれるようです。

5.愛犬が水をたくさん飲んでくれるから便秘解消にも効果的

ちなみにウォーターサーバーの場合は、水をたくさん飲んでくれるのでワンちゃんの便秘解消にも効果的です。

これは水分を多く補給することで、便通を良くする働きが期待できるからです。

ちなみにこれは人間にも同じことが言えるので、飼い主さんも便秘に悩んでいるのであれば、一緒に水を飲む習慣を付けてみても良いでしょう。

このようにウォーターサーバーには数多くのメリットが存在します。とても便利だと言えますね。

ペット向けのウォーターサーバーでよくある5つ質問

犬のアレルギーの症状はいつまで続くの?

続けてペット向けのウォーターサーバー利用に辺り、よくある質問5つをまとめてみました。参考にしてみてください。

Q1.犬にミネラルウォーターはダメっていうのは本当?

A.全部がダメというわけではなく硬水がダメです。

硬度が高い水は、ワンちゃんの尿路結石の原因にもなりますし、腎臓にも負担をかけてしまいます。ですから高度の低い軟水のミネラルウォーターならOKです。

ちなみに海外製のミネラルウォーターは硬水が多く、コントレックスにいたっては硬度が1480mg/Lと極めて高いです。

Q2.犬の1日に必要な水分摂取量はどのくらいなの?

A.以下の環境省の出した数値を参考にすると良いでしょう。

犬の1日に必要な水分量 (フードから摂る水分を含む)

2kg ⇒ 190ml
3kg ⇒ 260ml
4kg ⇒ 320ml
5kg ⇒ 370ml
6kg ⇒ 430ml
7kg ⇒ 480ml
8kg ⇒ 530ml
9kg ⇒ 580ml
10kg ⇒ 630ml
15kg ⇒ 850ml
20kg ⇒ 1060ml
25kg ⇒ 1250ml
30kg ⇒ 1440ml
35kg ⇒ 1610ml
40kg ⇒ 1780ml

出典: 飼い主のためのペットフード・ガイドライン |環境省

ただしこれはあくまで目安なので注意が必要です。愛犬の様子を見て調整しながら与えると良いでしょう。

Q3.ウォーターサーバーの水は猫やインコが飲んでも大丈夫?

A.猫とインコもウォーターサーバーの水は安心して飲めます。

ただし猫ちゃんにも尿路結石のリスクがあるので、ワンちゃんと同様に軟水の水を選ぶと良いでしょう。ですから「フレシャス」は特におすすめです。

インコに関しては尿路結石のリスクはないのですが、ヒナの場合は体温調整が苦手なので29度程度の白湯がおすすめのようです。

参考:小諸さくら動物病院 – 鳥の飼育法

Q4.ウォーターサーバーの水は金魚の水槽に使用しても大丈夫?

A.ウォーターサーバーの水はカルキが含まれていないので、金魚の水に使用して大丈夫です。

水道水の場合は殺菌のために含まれているカルキが原因で、金魚が死んでしまうのですが、ウォーターサーバーの水にはカルキが含まれてないので安心です。

それに冷静に考えればわかるのですが、ウォーターサーバーの水の多くは天然水です。しかも清流よりもきれいな湧き水を使用しています。

だから天然水の中に金魚を入れて、そもそも死ぬわけがないです。むしろ金魚にとって最高級の水を使用していると考えた方が良いでしょう。

Q5.水の硬度って具体的にはどういう数値なの?

A.水の中に含まれているカルシウムとマグネシウムの量です。

水には主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれていて、水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値を「硬度」といいます。

出典:ミネラル量と水の硬度、硬水と軟水の違い | エビアン evian

正確には水1000mlの中に溶け込んでいる、カルシウムイオンとマグネシウムイオンの値です。

そしてこの値が高すぎると犬の尿路結石の原因となりますし、腎臓にも負担をかけてしまいます。ですから必ず硬度60mg/L以下の軟水を選びましょう。

ちなみに人の赤ちゃんの場合も硬度が高すぎる場合は、ワンちゃん同様に腎臓に負担がかかってしまうので、軟水の水を選ぶと良いでしょう。

愛犬におすすめはフレシャスで決まり!

愛犬向けのウォーターサーバーを選ぶならフレシャスがベストです。

硬度の低い軟水を使用しており、トータルコストも比較的安いのが魅力です。

また女性の飼い主さんに優しいサービスを提供しており、最新モデルのフレシャスslat(スラット)と、dewo(デュオ)はグッドデザイン賞を受賞しました。

愛犬の健康と日々の生活の充実を目指すなら、最初に検討すべきメーカーです。

水の種類 天然水
水の硬度 23mg/L(軟水)
価格(税込み) 1,465円/9.3L(78円/500ml)
レンタル料 無料
電気代 330円/月
対応地域 全国
総コスト(24L使用時) 4,160円/月
おすすめ度 ★★★★★

フレシャスの詳細はこちら