トイプードルのドッグフード人気ランキング!評判が良いおすすめの餌の選び方

トイプードルのドッグフード人気ランキング!評判が良いおすすめの餌の選び方

愛くるしい表情としつけのしやすさで、常にトップクラスの人気を誇るトイプードル。

そんなトイプードルをきちんと飼うためには、餌選びも重要になってきます。

知っておくべきこと、餌選びのポイントなどについてまとめておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

トイプードルの高品質な餌を選ぶ3つのポイント

大切な愛犬には、きちんと栄養を取らせてあげたいですよね。

「できるだけ長生きして欲しいし、病気にもなって欲しくない…」

飼い主さんなら、誰もがそんな思いを抱えていることと思います。

餌選びのポイントは、以下の通りです。

1.無添加なドッグフードを選ぶこと

人口添加物は体に悪影響しかありません。

できるだけ自然に近く体にも良いものを選ぶとなると、人間も無添加のものを選びますよね。

トイプードルも同じです。

2.グレインフリーのドッグフードを選ぶこと

犬は体の構造に起因しているのですが、穀物の消化機能が発達していません。

穀物を含んでいないグレインフリーのドッグフードであるということは、絶対条件となります。

犬のアレルギーの原因として考えられるのも穀物です。

良質な穀物だったとしても、食べさせるべきではありません。

3.高たんぱく質で高品質な原材料を使用していること

人間にとっては高たんぱく質であることは、腎臓に負担がかかってしまいます。

しかし犬の場合はきちんと作用できるようになっているので、高たんぱく質を避ける必要はありません。

むしろ高たんぱく質は、絶対に必要な栄養素なんです。

品質が高く、高たんぱく質でもあるドッグフードを食べさせることによって、ガンのリスクも低減させることができます。

トイプードルにおすすめなドッグフードランキング

ドッグフードは種類がたくさんありすぎて、どれが良いのか選びきれませんよね。

数あるドッグフードの中から、おすすめのものをランキング形式でご紹介します。

1位:モグワン

モグワンドッグフード

モグワンは、栄養満点で手作りをしたご飯というコンセプトのもと、開発が進められてきたドッグフードです。

質の高い動物性たんぱく質を豊富に含んでいます。

毛艶もキープできるし栄養も補給できるということで、自信を持っておすすめできるドッグフードです。

今ならお試し100円!プレミアムドッグフード『モグワン』の詳細はこちら

モグワンのレビュー記事はこちら

2位:カナガン

カナガン

カナガンは、安心安全のグレインフリーのドッグフード。

着色料も保存料も一切使用していないので、体にとっても優しいんです。

動物性たんぱく質やミネラル、ビタミンといった必要な要素を含んでいる上に、食欲をそそる香りがするのできっと喜んで食べてくれるはずです。

最高級のドッグフード『カナガン』の詳細はこちら

カナガンのレビュー記事はこちら

3位:ブッチ・ドックフード

ブッチ・ドッグフードは、プレミアムドッグフードマークが付いている高品質フードです。

ドライフードをなかなか食べてくれないワンちゃんにはこの肉本来の水分含有量と必須栄養素は入ったブッチ・ドッグフードが超おすすめ♪

穀物由来の原料は一切使っていなくて、肉以外に野菜も採れるニュージーランド産の最高等級ドッグフードです。

無添加プレミアムドッグフード『ブッチ』の詳細はこちら

ブッチのレビュー記事はこちら

4位:ファインペッツ

ファインペッツ

ファインペッツは、国産にこだわって作られているドッグフードです。

被毛ケアにも力を入れているドッグフードになります。

初回限定1,000円で試せますよ♪

FINEPET’Sドッグフードの詳細はこちら

FINEPET’Sのレビュー記事はこちら

5位:ロイヤルカナン BHN プードル 成犬用 

ロイヤルカナンは非常に知名度が高いドッグフードです。

主原料は良質な方なのですが、残念ながら添加物が多いのが気になります。BHA、没食子酸プロピル、ビートバルブなどが添加されています。

特にBHAは、発がん性が指摘されている酸化防止剤なので注意が必要です。

ロイヤルカナンの詳細はこちら

トイプードルに与えるドッグフードの給餌量・カロリー・食事回数はどのくらい?

トイプードルに必要なドッグフードの量というのは、成長過程に合わせて変えていく必要があります。

生後2〜3ヶ月までは70g、4〜5ヶ月までは80g、6〜7ヶ月までは100g、8〜9ヶ月までは90g、10〜11ヶ月までは80g、というように、成長期を終えた頃から減らしていく感じです。

体型や運動量、体重などによっても、調整してあげましょう。

子犬と老犬の場合は1日3〜5回に分けて与える必要がありますが、成犬の場合は1日2回で十分です。

成犬は消化機能も発達しているので、1回で量をこなせるため、このような目安となっています。

必要なカロリーは、トイプードルの体重によって変動します。

たとえば5kgのトイプードルであれば、370kcalを目安として、調整をしてみてください。

トイプードルは太りやすい犬種でもあるので、肥満にならないように飼い主さんが注意をしてあげましょう。

トイプードルがドッグフードを食べない時の正しい対処法とは?

トイプードルがドッグフードを食べない時は、いくつかの理由が考えられます。

まず病気やストレスなどです。慣れない環境であったりする場合は、すぐに順応していくはずですが、病気の可能性もあります。

早めの対処が必要になってくるので、専門医の診察を受けましょう。

ただ単にワガママで食べないというこのあるので、時間を決めてあげるようにしてみてください。

たとえば、ドッグフードを置いて15分したら回収するというように、いつでも好きな時に食べられる訳ではないということを教えるのです。

おやつの食べ過ぎも考えられるので、食事に影響がないように調節してください。

ドッグフードを皿に出して時間が経つと、劣化して美味しくなくなるので、ずっと置いたままにするのもやめましょう。

トイプードル専用のドッグフードは存在するの?

トイプードルの特徴でもある被毛とデリケートな皮膚や耳をケアするためのドッグフードは、存在しています。

腸内環境や免疫力の維持など、健康をサポートするトイプードル専用のドッグフードが販売されています。

モグワンがトイプードルにおすすめな理由とは?

モグワンは、手作りのフードを元に作っていることもあって、美味しさではどのドッグフードよりも上です。

ワガママで餌を食べることを拒否することがあるトイプードルも、嬉しくて飛びついてしまうくらい美味しいので、モグワンはおすすめです。

モグワンはトイプードルの涙やけにも効果的!

涙やけは、放置してしまうと、真っ黒になって取れなくなります。元々の体質と諦めてしまう飼い主さんもいますが、それは違います。

涙やけが酷いと感じていたら、まずはドッグフードを変えてみてください。

グレインフリーで高たんぱく質のモグワンに切り替えれば、涙やけも落ち着くはずです。

トイプードルの食いつきの評判の良さで選ぶならモグワン!

モグワンドッグフード

モグワンは、7〜8ミリほどの大きさで、体があまり大きくはないトイプードルにも食べやすい形状になっています。

食欲をそそる香りは、トイプードルの飼い主さんにも好評です。

食いつきが良いと、飼い主さんも安心ですし、愛犬が美味しそうに食べていると嬉しいですよね。

食いつきの良さでは、モグワンはナンバーワンと言って良いかもしれません。

今ならお試し100円!プレミアムドッグフード『モグワン』の詳細はこちら

モグワンのレビュー記事はこちら