マルチーズとシーズーのミックス犬【マルシーズー】の性格や寿命・特徴まとめ

飼いやすい人気の小型犬ランキング!初心者にもおすすめ

今や珍しくないミックス犬の中でも、トップクラスの人気を誇っているマルシーズー。

人気の秘密は、その可愛らしい風貌だけではなく、飼いやすいという点でも注目されています。

マルチーズもシーズーも人気の犬種なので、それを掛け合わせているということで、話題になったこともあります。

こちらではマルシーズーの魅力をはじめ、性格や寿命などについてまとめています。

ちなみに、マルシーズー以外のマルチーズのミックス犬はこちら。

マルチーズのミックス犬の種類と性格・寿命まとめ

マルシーズーとは?

マルシーズーとは、マルチーズとシーズーを親犬としているミックス犬のこと。

“シーマル”と呼ばれることもあります。

傾向としては、母親がマルチーズの場合はその要素が強く現れ、母親がシーズーの場合はシーズーの要素が強くなります。

最終的には個体差もあるため、子犬の時点ではどのような成犬になるかは分かりません。

マルチーズのミックス犬!マルシーズーの性格と特徴について

マルチーズは、当然のことながら、マルチーズの性格も、シーズーの性格も両方を持ち合わせています。

マルシーズーは、活動的で一人遊びも上手で、賢い面もあります。

ちょっぴり頑固な性格でもあるのですが、これはシーズーの要素が強いと言えます。

温厚でもあるので、初心者の方にも飼いやすい犬種です。

マルシーズーの成犬時の大きさと体重について

成犬時のマルシーズーの大きさは、体高30センチ弱、体重は5キロ前後。

オスの方が、若干大きめとなっています。

マルシーズーの寿命はどのくらい?長生きできるの?

マルシーズーの平均寿命は、10~15年程度。

小型犬の平均寿命と、ほぼ同じくらいとなっています。

マルシーズー自体の歴史が浅いため、平均寿命については、まだあいまいな部分もあります。

かかりやすい病気は多々あるものの、命にかかわるような大病を患うこともほとんどないので、食生活や運動不足を気を付けてあげれば、長生きも十分に期待できます。

マルシーズーの子犬のブリーダーの購入価格・値段は10~15万円前後

マルシーズーは人気の犬種なので、ブリーダーの取扱いも増加傾向にあります。

交配も難しくはないため、価格が10~15万円前後から、更に高騰するといった心配もほとんどありません。

マルシーズーのかかりやすい9つの病気

マルシーズーには、かかりやすい病気がいくつかあります。

マルチーズとシーズーのどちらの要素が強いのかによっても、病気のかかりやすさも変わってきますが、ご参考にしていただければと思います。

1.ホワイトシェイカードッグ症候群

ホワイトシェイカードッグ症候群は、小型犬がなりやすい病気。

毛色も白いとかかりやすいと言われているので、マルシーズーはまさに条件に当てはまっていますよね。

ホワイトシェイカードッグ症候群では、足や体を小刻みに震わせるといった症状が見られます。

原因は未だ不明なのですが、てんかんの薬で治療することができます。

2.膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼は、マルチーズがかかりやすい病気です。

膝蓋骨脱臼になると、明らかに歩き方がおかしくなり、辛そうな表情を見せます。

症状が悪化してくると、足を動かすどころか、痛みを伴ない、動かせなくなるのです。

飼い主さんがすぐに気付いてあげられないことも多いので、少しでもいつもと違うと感じたら、専門医に診察してもらうようにしてください。

3.熱中症

短頭種にありがちなのが、熱中症です。短頭種は、鼻が潰れている種類の子ですね。

夏の暑い日に呼吸をしても、鼻の中で熱を冷却することができずに、熱中症になることが多々あります。

4.脂漏症

過剰な皮脂分泌が原因となってしまうのが脂漏症。

シーズーがかかりやすい病気なのですが、元々シーズーがチベット産で、乾燥した地域に適していたことが起因しています。

日本は高温多湿ですよね。

そのため、皮脂の分泌が過剰となり、脂漏症となってしまうのです。

強烈なかゆみを伴うため、早めの診察が重要になってきます。

5.僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症は、小型犬になりやすい病気であり、高齢になるほどかかりやすい傾向があります。

僧帽弁は、左心房・左心室の間にあるのですが、血液の流れを一定に保つために、血液の逆流を防いでいます。

高齢のマルシーズーになってくると、正常に機能しなくなってしまい、結果、血液が逆流してしまうという事態に陥ることがあるのです。

元気がなくなって、息苦しそうにしていたら、この病気の可能性があります。

6.肛門周囲腺腫

肛門周囲腺腫は、虚勢をしていないオスがかかりやすい傾向があります。

子犬のうちは症状が表れにくく、老犬になると確率が上がります。

肛門周りの組織に腫瘍ができ、手術で切除するというのが一般的な治療法になります。

7.眼疾患(緑内障、角膜炎、進行性網膜萎縮症)

緑内障や角膜炎、進行性網膜萎縮症といった眼疾患も、マルシーズーがかかりやすい病気になります。

これらの病気は、飼い主さんが気付いてあげるがとても難しいので、定期的な検査を行なうということが、早期発見にも繋がっていきます。

8.椎間板ヘルニア

マルチーズに多く見られる椎間板ヘルニア。

椎間板が脊髄を圧迫するため、激しい痛みを伴ないます。

初期の時点で発見することができれば、投薬のみで完治することもあります。

9.鼻腔狭窄

鼻腔狭窄になると、鼻の穴と鼻腔が狭くなってしまいます。

呼吸が荒くなったり、息苦しそうにしていたら要注意です。

見た目にも、鼻の穴が狭くなっているので、飼い主さんが気付いてあげることができます。

まとめ:マルシーズーは温厚で頭がいいのが魅力のワンちゃん

マルチーズとシーズーの両方の良いところを持っているマルシーズーの魅力をお分かりいただけただけましたでしょうか?

頭も良くて賢いので、初心者向けでもあります。

食生活や病気に気を付けてあげて、長生きできると良いですよね。

マルシーズーにおすすめのドッグフード

マルシーズーにおすすめのドッグ―ドですが、それに関しては片親のマルチーズにおすすめのドッグフードを選ぶと良いでしょう。

マルチーズにおすすめのドッグフードに関してはこちら。

マルチーズのドッグフード人気ランキング!評判が良いおすすめの餌の選び方