犬の尿路結石の予防に良い食事&対策フードと原因になる食べ物まとめ

SHARE

犬の尿路結石の予防に良い食事&対策フードと原因になる食べ物まとめ

結石とは、尿の中のミネラルとタンパク質が結合して石のような塊になったもので、尿道、膀胱、腎臓にできるものを「尿路結石」と言います。

犬が、おしっこの際に悲鳴をあげて痛そうな声を出したり、何度もおしっこのポーズを取るのに出た形跡がない・・・という場合は、尿路結石を疑ってください。

実はこの結石、食べ物が原因でできるんです。

結石ができる原因、症状、対策についてまとめてみました。

目次

最初に知っておきたい!犬の結石を引き起こす3つの原因

犬の尿路結石の予防に良い食事&対策フードと原因になる食べ物まとめ

犬が結石を引き起こす原因は、特定の成分の過剰な摂取、栄養素の分解が不十分だったことによるもの、尿路内での細菌の増殖があります。

1.特定の成分の過剰摂取

ドッグフードや食べ物に含まれる「リン、マグネシウム、カルシウム」を過剰に摂取したことによって結石を引き起こします。

2.栄養素の分解が不十分だったことによる結石化

食べた物は、消化酵素により栄養素に分解されますが、何らかの影響で分解が不十分な場合、結石を引き起こすことがあります。

3.尿路内での細菌の増殖

おしっこを我慢したり、水分をあまり取らないでいると、膀胱内に細菌が繁殖して膀胱炎になります。

膀胱炎からアルカリ尿になり、結石が発生することがあります。

大部分の尿路結石は毎日の食事によって作られる

水質は地域によって違いがあり、マグネシウム/カルシウム比が低い水は結石が発生する原因になります。

また、緑黄色野菜の不足は、結石が発生する原因になります。

食事に欠かせないものも結石の原因になるんですね。

出来る場所によって症状が違う!4種類の尿路結石とは?

犬の尿路結石の予防に良い食事&対策フードと原因になる食べ物まとめ

尿路結石は、発症する原因やできる場所により治療方法が異なります。

泌尿器は、尿を作る腎臓、腎臓から膀胱に尿を移す尿管、尿を貯めておく膀胱、尿を排出する尿道の4つで構成されています。

それぞれの器官にできる結石について調べてみました。

1.腎臓に出来る腎結石

腎臓内にある腎盂(じんう)に結石が発生した状態を腎結石と言います。

大きな結石ができると急性腎不全を発症することがあります。

犬種では、ヨークシャーテリア、プードル、シーズー、ミニチュアシュナウザーなど。

腎結石の原因について

尿路(尿が通るところ)への細菌の感染から起こる腎盂腎炎、食事の偏りから尿がアルカリ性や酸性になったことや遺伝によって起こります。

他の病気の検査をしているときに発見されるケースが多いのが特徴。

腎結石の症状について

血尿、嘔吐、元気がない、食欲低下が主な症状です。

2.膀胱と腎臓を繋ぐ管に出来る尿管結石

尿を腎臓から膀胱へ送る管(尿管)にできる結石です。

尿管結石の原因について

腎臓にできた結石が、尿と一緒に尿管に移動して、尿管結石になります。

尿管結石の症状について

細い管なので、結石が尿管を傷つけて強い痛みが起こります。

このため、うずくまったり、触られるのと嫌がったりします。

血尿が出たり、結石が管をふさぎ、尿が出にくくなったりします。

3.膀胱に出来る膀胱結石

おしっこを溜めておく膀胱にできる膀胱結石は、尿路結石の中で一番多く発症しています。

膀胱結石の原因について

尿路内に発生した菌が繁殖してできます。

水をあまり飲まない犬や、ミネラルを多く含むおやつやサプリメントを多く取っていると起こる確率も高くなります。

膀胱結石の症状について

元気がない、熱がある、頻尿、尿が濁っている、おしっこの時悲鳴を上げるという症状があります。

4.尿道に石が詰まる尿道結石

尿道は、膀胱に溜まった尿を体外に排出する器官。

尿道が細い、オスの方ができやすいと言われています。

尿道結石の原因について

尿道結石は、膀胱にできた結石が尿と一緒に尿道を通ることで起こります。

尿道結石の症状について

おしっこをしようとしているのに、出ていない。

結石が尿道を傷つけているので、出たとしてもピンクや赤い色をしているという症状がみられます。

結石の原因となる栄養素・食べ物と4種類の結石とは

結石の原因となる栄養素・食べ物と4種類の結石とは

結石は、ミネラルとタンパク質が結合してできるので、食べ物が大きく影響します。

どの食べ物が原因となっているか調べてみました。

1.シュウ酸カルシウム結石

シュウ酸は、カルシウムと結合して便として排出されます。

腸で吸収しきれなかったシュウ酸が、尿に含まれるカルシウムと結合してできるのが、シュウ酸カルシウム結石です。

尿が白っぽかったらシュウ酸カルシウムが増えているサインです。

できやすい犬種は、ミニチュア・シュナイザ―、シーズー、ミニチュアプードルなど。

シュウ酸を多く含む食べ物

シュウ酸はほとんどの食べ物に含まれていて、特に、ほうれん草、レタス、チンゲン菜などの葉物や緑茶に多く含まれています。

他にさつまいも、ブロッコリー、バナナ、紅茶などがあげられます。

2.ストラバイト結石

ストルバイトは、「リン」と「マグネシウム」が基になってできる結石。

リンやマグネシウムは、尿がアルカリ性に傾いていると溶けずに結合し結石を発症してしまいます。

リンを多く含む食べ物

リンは、筋肉や骨を作るために必要な栄養素。

リンは主に肉類に多く含まれているので、手作りフードやドッグフード以外に肉を与える場合は、過剰摂取にならないように気を付ける必要があります。

特に多く含まれる食べ物は、煮干し、かつお節、パルメザンチーズ、干しエビ、おやつのジャーキー(特に鶏ササミが原材料)

マグネシウムを多く含む食べ物

マグネシウムには、骨の成分で、血圧を調整する役目があります。

多く含む食べ物は、ほうれん草、大豆、納豆、小豆、ひじき、アーモンド、ピーナッツなど

3.尿酸塩素結石

体の細胞が新しく入れ替わる際に「プリン体」という成分が作られます。

プリン体は分解されたのち、老廃物は「尿酸」となり尿に混ざって排出されます。

尿酸は水に溶けにくいため結晶になりやすく、尿酸が増えると結石ができやすくなります。

できやすい犬種は、ダルメシアン、ヨークシャーテリアなど。

プリン体を多く含む食べ物

プリン体を多く含む食べ物は、レバー類、白子、一部の魚介類(エビ、イワシ、カツオ等)、干し椎茸などがあげられます。

飲み物では、地ビールや紹興酒に多く含まれています。

4.シスチン結石

シスチンはタンパク質を構成するアミノ酸の一種で、髪の毛や爪に多く含まれます。

シスチンは腎臓で再吸収されますが、先天的な代謝障害があると再吸収がうまくいかず、尿のシスチン濃度が濃くなり、結晶化して結石ができたものがシスチン結石です。

ナトリウムを過剰に摂取すると、カルシウムの結晶化の原因となり、結石再発の危険因子となります。

ナトリウム多く含む食べ物

ナトリウムを多く含む食べ物は、食パン、サラミ、ボンレスハム、おやつのビーフジャーキーなどがあげられます。

尿路結石の予防に最適な食事&ドッグフードとは

尿路結石の原因となる食べ物を控えることで予防することができます。

症状を緩和したり、再発予防のためのフードが販売されています。

1.結石の種類に応じて食事で尿のphを調整

尿は食べ物によりph(酸性・アルカリ性の度合い)が変わります。

尿が酸性かアルカリ性かによってできる結石が違うので、食事でphをコントロールすれば、再発を防ぐことができるんです。

2.尿石症管理用フードを使用する

「尿石症管理用フード」という、ミネラルのバランスが調整されたフードがあります。

結石の種類によりフードが違うので獣医さんの指導を受けてから与えてください。

3.水分を多く摂取して細菌増殖を防ぐ

水分を多く摂取することで、尿路に侵入した細菌を体外へ排出したり、細菌の増殖を防ぐことが可能。

4.手作り療養食で尿結石対策をする

手作りのよさは、犬の健康状態に合わせた食材選びができること。

日ごろから犬に食べさせてはいけないもの、必要なもの、必要な成分量を守っておけば尿路結石対策におすすめです。

定期的な健康診断を受けさせ、体重や体型管理をしてあげてください。

一番大事なのは獣医さんと相談して食事でケアすること

医食同源といいますが、日頃からバランスの取れた食事を摂ることが病気の予防や治療につながります。

獣医さんに相談して、正しい食事の管理をしてあげましょう。

犬の尿路結石の予防&対策に良い食べ物まとめ

人に比べて犬は尿路結石が起こりやすい生き物。

一口に尿路結石といっても、できる場所により原因や治療方法が違います。

ドッグフード以外の肉やサプリメントも、安易に与えると結石になる可能性も。

日ごろからおしっこの状態を観察したり、定期的な健康診断を受けることが大切です。