サイエンスダイエットドッグフードの評判は?愛犬に安心して与えられる?

サイエンスダイエット

多くの飼い主や家族に選ばれているドッグフードの1つであるサイエンスダイエットドッグフードは、現在最も知られているドッグフードの1つです。

では、愛犬に安心して食べさせる事はできるドッグフードなのでしょうか?

愛犬家の中には批判的な意見を持つ人も少なくありません。

今回は、サイエンスダイエットドッグフードは安心して愛犬に食べさせれるドッグフードなのかについて紹介していきたいと思います。

サイエンスダイエットの成分・原材料について

こちらでは「サイエンスダイエット アダルト小粒成犬用」の成分・原材料をベースに解説していきたいと思います。

犬にとって必要な栄養素を50種配合していて、犬が健康的に長生きできるようにサポートするというコンセプトのもと作られています。

科学的に証明された高いレベルの抗酸化成分を含んだ高品質の食材を使用する事で、アメリカでは獣医師も推奨するほどのドッグフードです。

サイエンスダイエットの添加物は安心?

サイエンスダイエットは、動物性たんぱく質が使用されていて、人工添加物も含まれていません。

ただ、動物性たんぱく質である肉類は4Dミールを使用している危険性もあり、100%安全とは言えません。

犬にとっては消化しにくい穀類も多く使用されている事から安心性はそこまで高いドッグフードとは言えません。

サイエンスダイエットの料金・値段・価格について

参考価格として、楽天では3.3kgのものが税込み 2,570円で販売されています。

1kgあたり約779円とドッグフードの中では安いですね。

サイエンスダイエットの口コミ・評判・評価は?

食いつきがよいドッグフードという口コミや評判があり、リピーターも多いドッグフード。

原材料に使用されている食材の中にあまり良いとは言えない食材が含まれている事から批判的な口コミや評判も存在しています。

サイエンスダイエットはAazon・楽天で購入可能なの?

サイエンスダイエットは、Amazonや楽天などの通販サイトだけではなく、ペットショップなどでも購入できるドッグフードなので、購入はしやすいといえます。

サイエンスダイエットの種類・バリエーション

サイエンスダイエットドッグフードは大きさによって3つに分類され、そこから更にいくつものバリエーションがあります。

飼い主や家族としてはどの種類を食べさせればいいか悩んでしまいます。

それぞれ特徴があり、愛犬に合うものがどれなのかを吟味して選ぶ必要があります。

1、サイエンスダイエット 小型犬用

サイエンスダイエット小型犬用

小型犬と超小型犬用に作られたドッグフードで、小型犬や超小型犬にとって必要な栄養がバランスよく配合されています。

パピー (子いぬ用)

仔犬は成長する時期なので、高カロリーである食餌とまだ成長しきっていない胃や腸を負担をかけない為に消化が良いドッグフードが必要ですが、このパピー用は仔犬が成長に必要な栄養がしっかりと配合され、消化しやすいように作られています。

パーフェクトウェイト (1歳以上)

小型犬が必要な栄養をしっかりと配合しながら、カロリーを抑えつつ、小型犬が健康的に生活できることをサポートするように作られたドッグフードで、1歳齢を迎えた犬にはおすすめです。

アダルト (成犬用)

カロリーが低い鶏肉を使う事で、高カロリーにならないようにしながら、美しい被毛と元気に動き回れることをサポートしています。

小型犬でも食べれるように小粒の粒になっています。

ライト (肥満傾向の成犬用)

太り気味の小型犬用に作られたドッグフードで、食物繊維を配合する事で満腹感が持続するようにして、犬に負担をかける事なく体重を減らすように作られています。

シニア (高齢犬用 7歳以上)

シニアを迎えた犬用に作られたドッグフードで、腎臓や心臓に負担をかけすぎないようにナトリウムとリンを調整し、グルコサミンやコンドロイチン硫酸を含む事で弱くなる足腰をサポートしています。

シニアライト(肥満傾向の高齢犬用 7歳以上)

7歳齢以上の肥満傾向のある犬に対するカロリーと脂肪分をカットする事で、負担をかけずに体重を減らす事ができるドッグフードです。

シニアプラス™ (高齢犬用 10歳以上)

10歳齢を越える犬の為に作られたドッグフードで、免疫力を高く維持するようにサポートしたり、健康を維持でき、毎日元気に生活できるように作られています。

シニア アドバンスド (高齢犬用 13歳以上)

高品質な食材を消化しやすいように作られ、免疫力を高く維持できるようにしています。

2、サイエンスダイエット レギュラー用

サイエンスダイエットレギュラー

中型犬用に作られているドッグフードです。

体重が15~30㎏の犬に対応しているドッグフードです。

パピー (幼犬・母犬用/妊娠・授乳期)

仔犬が成長する為に必要なものをバランスよく配合していて、体がしっかりと成長できるように作られています。

アダルト (成犬用 小粒)

犬が健康的に元気に毎日を送れるように必要な栄養をバランスよく配合していて、高品質で消化が良い食材を使用しています。

アダルト (成犬用)

カロリーが低いチキンやターキーを使い、ミネラルやビタミンを配合して、成犬が健康的に遅れるように作られています。

アダルト ラム&ライス (成犬用 小粒)

食物アレルギーがある犬の為にアレルゲンとなりにくいラム肉を使用し、免疫力を高い状態で維持できるように作られていて、必要な栄養もバランスよく配合しています。

アダルト ラム&ライス (成犬用)

美しい被毛と皮膚を維持するオメガ3、オメガ6脂肪酸を適切に配合し、健康的な骨や筋肉を維持する必須アミノ酸とミネラルが配合されています。

ライト (肥満傾向の成犬用 小粒)

カロリーや脂肪分をカットし、犬が健康的に体重を減少できるようにしながら、必要な栄養はしっかりと吸収できるように作られているドッグフードです。

ライト (肥満傾向の成犬用)

食物繊維を配合する事で、少量でも満腹感を感じる事ができるようにする事で、犬にストレスをかける事なく、体重を減らしていく事ができます。

シニア (高齢犬用 7歳以上 小粒)

消化器官が弱まってくるシニア期の犬でも消化できるように消化が良い食材をバランスよく配合し、本来の免疫力を維持できるようにしています。

シニア (高齢犬用 7歳以上)

関節が弱くなってくるシニア期の犬の為にグルコサミンとコンドロイチンを配合しています。

艶がある被毛と健康的な皮膚を維持する為にオメガ3・オメガ6脂肪酸をバランスよく配合しています。

シニアライト (肥満傾向の高齢犬用 7歳以上)

肥満傾向のシニア期の犬用に作られていて、免疫力が落ちやすいシニア犬の為に免疫力を高めています。

肥満傾向の犬がダイエットをしやすいようにカロリーや脂肪分をカットし、食物繊維を配合する事で犬に負担をかける事なく体重だけを減らしていきます。

シニアプラス™ (高齢犬用 10歳以上)

10歳齢以上のシニア犬が元気に毎日を送れるように免疫力を高めて、健康を維持できるように必要な栄養をバランスよく配合しています。

シニア アドバンスド (高齢犬用 13歳以上)

足腰が弱くなっているシニア犬の為にグルコサミンやコンドロイチンを配合したり、高品質で消化の良い食材を使用していてシニア犬でも負担をかける事なく、消化できるようにしています。

3、サイエンスダイエット大型犬用

サイエンスダイエット大型犬用

体重が30㎏以上の犬の大型犬用に作られたドッグフードで、いくつかのバリエーションがあります。

パピー (子いぬ用)

一気に成長する大型犬の仔犬の為にカルシウムを適度に配合しながら、健康を維持しながらしっかりと成長できるようなドッグフードです。

アダルト (成犬用)

体重が重い大型犬が健康的に生活が遅れるように必要な栄養を配合し、お腹が緩い傾向がある大型犬でも消化できるように消化がいい食材を使用しています。

ライト (肥満傾向の成犬用)

肥満傾向の大型犬の為に作られた減量を無理なくできるようにサポートするドッグフードで、負担がかかりやすい関節や軟骨の動きをサポートする為にグルコサミンやコンドロイチンをしっかりと配合しています。

シニア (高齢犬用 6歳以上)

6歳齢を越えたシニア期の大型犬の為に健康を維持しながら、必要な栄養をしっかりと吸収できるように作られています。

サイエンスダイエットまとめ

知名度が高いドッグフードで、様々なバリエーションがあり販売場所も多く、価格も手ごろなので使いやすいです。

穀類を使用していたり、4Dミールが使用されている危険性などからあまりいいドッグフードとは言えません。

穀類や4Dミールがどうしても気になる場合には、通販サイトなどでしか販売されておらず、価格も少し高いですが、プレミアム・ドッグフードの使用を検討してみるといいですね。