【無添加】安全な犬のおやつ人気ランキング!おすすめ通販メーカー選び方

犬のおやつ

現在多くの人が犬を飼育していて、ペットブームと呼ばれて久しく、その影響によって多くの犬用のおやつが市販されています。

おやつはしつけをする際のご褒美として使用する事もありますが、中には選ばないほうがいいおやつも存在しています。

今回は、安全な犬のおやつの見分け方と選び方について紹介します。

安全な犬のおやつを見極める3つのポイント

安全な犬のおやつを見極める3つのポイント

安全な犬のおやつを見分けるポイントとしては原材料・無添加・品質などが詳細に記載されている事の3つがあります。

この3つのポイントをよく見て、愛犬のおやつを選ぶようにしましょう。

1.原材料を確認して見極める

安全なおやつかどうかを見分けるには、何が入っているかを把握する為に原材料を確認します。

原材料が記載されていない場合には購入しないほうが無難ですね。

原材料は人間の食品栄養基準に合格したものを使用しているものを選ぶようにします。

人用の基準なので、安全性は高いといえます。

それ以外のものは使用しないようにしましょう。

実はゴミでできている?絶対に避けたいドッグフードの原材料の成分とは

2.無添加なおやつを選ぶ

犬を含めてペットフードには人ほど危険なものを寄生する法律がありません。

中には非常に危険なものが含まれている事があります。それが添加物。

添加物の中には発がん性がある事が立証されているものもあり、安全とは言えません。

犬のおやつを選ぶ際には添加物が使用されていないものを選ぶようにしましょう。

【危険】知らないと損をするドッグフードの添加物まとめ

3.製造工程・品質などが明瞭に記載されていること

どんなおやつでもどのような過程で作られ、入っている食材の品質などは飼い主や家族としては気になりますね。

できるだけ製造工程が分かるものや品質が高いものが入っているかどうかをよく見て判断するようにします。

特に品質が低いものは食べさせる事で、かえって犬に悪影響を与える危険性があるので注意。

その他の犬のおやつ選びに知っておいた方が良いこと

その他の犬のおやつ選びに知っておいた方が良いこと

犬にも人と同じく特定の食材に対してアレルギー反応を引き起こす食材があります。

こういった食材を食べる事でアレルギー症状を引き起こすと、最悪の場合は死亡してしまう事もあるので注意が必要。

愛犬のアレルゲンにどういった食材があるのかを把握して、そういった食材を使用したおやつは食べさせないようにしましょう。

1.栄養はドッグフードで足りているのであげ過ぎない

ドッグフードを食べさせていれば、他におやつを食べさせる必要はありません。

必要以上食べさせると、肥満の原因となってしまいます。

おやつを食べさせる際には量に関しては注意する必要があります。

特に小型犬や超小型犬の場合にはすぐに適量を越えてしまうので、与える量に注意しましょう。

2.フード同様に愛犬のライフステージに応じて変えること

犬は成長の過程でいくつかのライフステージに分類され、ドッグフードもライフステージに合わせて変える必要があります。

勿論、中にはすべてのライフステージに適応するドッグフードもあります。

ライフステージによって必要な栄養が変わるので、同じ食餌では犬によっては体調が悪化してしまう事も。

おやつもライフステージによって種類を変えるようにしましょう。

安心安全な犬のおやつを購入可能な通販サイトランキング

多くのおやつを販売しているサイトがありますが、その中でも安心できるサイトを4つ紹介していきたいと思います。

1位、POCHI(ポチ)

POCHIは定番のジャーキー・ボーロを始めとしたおやつ、犬用日用品のラインナップも豊富であり、多くの飼い主さんに愛用されています。

また2,000円以上の注文で送料無料、最大5%のポイント還元率も魅力的。買うならまとめ買い推奨です。

カントリーロード  FOODY CATは、品質を長持ちできると評判ですが、2018年1月現在売り切れ中なのは残念ですね。

POCHI(ポチ)公式サイト

2位、みちのくファーム

みちのくファームは、素材として馬、カンガルー、牛、鹿、豚、鶏や七面鳥、魚、ラムなどの種類があり、硬さも柔らかい若しくは硬いの2つから選べるので、愛犬の状態によって変える事ができます。

使用される素材は人用としても販売する事ができるほどの高品質なヒューマン・グレードの食材が使用されています。

※数量限定!売り切れの可能性があるので、早めにチェックしてみてください。

3位、 帝塚山ハウンドカム

帝塚山ハウンドカムは無添加のおやつで、クッキーやせんべい、ジャーキー、ガムや骨、野菜や果物、チーズやミルク、魚、ケーキやスイーツといった種類があります。

仔犬に向いているおやつや老犬に向いているおやつ、アレルギーで苦しんでいる犬に向いているおやつなどいくつかの種類があります。

4位、ナチュラルハーベスト

ナチュラルハーベストは、チーズ・ビスケット・クランチ・ジャーキー・バイツといった種類があります。

素材を厳選して安全性と同じく犬にとっては重要なおいしさにもこだわって作られています。

飼い主や家族としては安心して食べさせることができます。

その他犬用おやつで無添加のもの

ご褒美のおやつは、無添加で安心安全なものをあげたいもの。安心して与えられる無添加のおやつをご紹介します。

プリモ

国産無添加の「国産ジャーキー」や「国産いわしの煮干し」などが豊富に販売されています。

ダイスカットのジャーキーは、口の小さい小型犬のおやつにもぴったりです。

ドットワン

国内産の厳選された原材料だけを使用。

砂糖や油を一切使用せず、食材そのものの旨みや香りを活かしたおやつが豊富に取り揃えられています。

犬の体にやさしくヘルシーなので、ダイエット中のワンちゃんでも安心。

パッケージもかわいいので、友達犬のプレゼントにもぴったりです。

BOKBOK(ボクボク)

商品名は「サメのちから」。

シニア犬や、関節が気になる犬にもってこいです。

サメ軟骨に含まれるグルコサミンやコンドロイチンが、関節炎の症状の緩和や予防に効果があります。

ワンちゃん用のケーキは無添加?

愛犬や家族の誕生日、クリスマスなどの特別な日は、みんなで盛り上がりましょう!

もちろん主役はケーキ。無添加で安全な犬用ケーキを提供しているお店をご紹介します。

はなとしっぽ

オーガニック食品を豊富に取り扱っています。

ペット食育士と共に全て手作りです。デコレーションには生乳100%ヨーグルトを使用。

ごはんとして食べられる「ハッピーミート」など品ぞろえも豊富です。

ロビナ(Lovina)

ケーキに乗っかった愛犬の笑った顔は、さつまいもがベース。

着色料を使っていないため、真っ白い毛色は作れないという、自然の素材にこだわったロビナのケーキです。

黄色は、有機かぼちゃ、赤は有機トマト、緑は有機ほうれん草を使っています。

Dog Diner(ドッグダイナー)

主食にもなるケーキ。ケーキの土台は、肉や魚のジュレ。

生クリームや砂糖・油・香料不使用の無添加ケーキで、使う材料も無農薬・減農薬の素材にこだわったケーキです。

キアッケレカーニ

お誕生日に大人気の、ピンク色の可愛いハート形のケーキ。

ピンクの色は、天然紅米麹で、合成着色料ではありません。

ひとつひとつ手作りで作られるケーキの素材は、もちろん犬の健康を考えたものばかりです。

ナチュラルペットフードショップ

お芋で作ったケーキに名前や年齢をトッピングしてもらえます。

アレルギーの子でも楽しいお誕生日をお祝いできるよう、小麦粉、乳製品、卵は使用していません。

使用する野菜自体も、有機野菜や、化学的な農薬を使わないで育てた野菜や無添加のものを使用しています。

atelier waf(アトリエ ワフ)

嬉しそうな愛犬の顔のまわりには、にぎやかな果物のトッピング。

世界に一つしかないオーダーメードのケーキです。

顔はマッシュポテトで作られています。

材料は、ジャガイモやカボチャ、季節の果物。

愛犬の嫌いな食べ物や、アレルギーのある食べ物を除いたケーキに仕上げてくれます。

Celeb Wanko(セレブ ワンコ)

ホイップクリームに包まれたクリーム系ケーキ、土台はさつまいも、デコレーションはジャガイモでできたケーキ、シフォンケーキ、プチケーキとラインナップも豊富。

もちろん、材料は選りすぐりです。

⇛公式サイトはこちら

安全なおやつと一緒にドッグフードも無添加に変更してみませんか?

愛犬には安心できるものを食べさせたいと思いますよね。

それはドッグフードだけでなく、おやつでも同じです。

飼い主や家族はどういったものが安全性が高いのかをしっかりと理解しておく必要があります。

無添加やヒューマン・グレードの高品質な素材を使っているなどチェックをして、安心できるおやつを与えるようにしましょう。

人でもそうですが、おやつの与え過ぎは肥満の原因なので、与え過ぎには要注意です。

この機会にドッグフードも拘ってみませんか?