コストコカークランドドッグフードの口コミ・評判は?安心なのか徹底調査

コストコ カークランド

コストコのオリジナルブランドであるカークランドドッグフードは、コストパフォーマンスが高く、食いつきもいいドッグフードです。

しかし評価が高いカークランドですが、穀物類や着色料、ミートミールが使用されており原材料という観点では少し疑問が残ります。

コストコカークランドよりも高品質で、愛犬の健康維持に最適なドッグフードはこちら。

カークランドドッグフードの成分・原材料について

ちなみに今回は「カークランド ドッグフード シグネチャー ラム・ライス・ベジタブル」をベースに解説していきます。

カークランドは主原料が肉類が使用されていますが、○○ミールといった品質が悪い4Dミールが使用されている危険性があります。

公式サイトにも肉の副産物が使用していないとは表記されていないので品質が高いとは言いにくいドッグフードです。

小麦や大豆などの穀類に比べると消化はしやすいですが、ビートパルプや精製麦、コメ、玄米などの穀類が含まれているドッグフードでもあります。

穀類は犬にとってはあまり栄養価値がなく、消化する事にも犬の体は適していません。

穀類は食物アレルギーのアレルゲンにもなりやすいので注意が必要な食材でもあります。

カークランドドッグフード添加物などは安心なのか?

人工的に作られた保存料や着色料を使用していないので品質はそこまで低いわけではありません。

ただ、調味料として香料が含まれていたり、穀類が使用されていたり、4Dミールが使用されている危険性もあるなど気になる所がないドッグフードではありません。

カークランドドッグフードの値段・価格の相場について

約5,000円で18.14kgも入っています。かなり安いですね。

1kgあたり200~300円と破格の安さです。

でも18kgもあると、小型犬の場合や食べなかったりしたらどうしようと不安になりますね。

カークランドドッグフードの給餌量・回数について

おおよその体重(kg) 目安量(カップ)
~4.5 2/3~1
4.5~9 1~1+1/2
9~13.5 1+1/2~2
13.5~18 2~2+2/3
18~27 2+2/3~3+1/2
27~36 3+1/2~4+1/3
36~45 4+1/3~5

※1カップは200mlを基準とし、1カップで約80gです。

与える回数は子犬は1日3回以上に分けて、成犬であれば1日2回で大丈夫です。

カークランドドッグフードの口コミ・評判は?

コストパフォーマンスが高いドッグフードで、食いつきがいいという口コミや評判があります。

その一方で、1袋が18㎏とかなり多い量となっています。

大型犬や超大型犬、多頭飼育の飼い主や家族にとってはうれしいですが、中型犬以下の犬の場合には賞味期限内に食べきれなかったりする事があるようです。

カークランドドッグフードは楽天・amazon等の通販サイトでも購入可

カークランドはコストコのオリジナルブランドなのでコストコで購入する事ができますが、楽天やAmazon、Yahooのショッピングなどでも通販で購入する事ができます。

1袋が5000円を越えますが、18㎏含まれているので1㎏に換算するとかなり安いドッグフードとなり、コストパフォーマンスはかなりいいドッグフードといえます。

 

コストコカークランドドッグフードのバリエーションは5種類

コストコ カークランド

アメリカ合衆国で作られているドッグフーであるカークランドですが、そのバリエーションにはいくつか種類があります。

それぞれの特徴が分かれているので、飼い主や家族としてはその特徴を理解して愛犬に合うものを選んであげるようにしましょう。

1、カークランド ドッグフード シグネチャー ラム・ライス・ベジタブル

カークランド ドッグフード シグネチャー ラム・ライス・ベジタブルは、ラムを主原料としたフードです。

牛肉や豚肉に対してアレルギーがある犬におすすめのドッグフードです。

ラムは脂肪の燃焼やコレステロールを下げるなどの候があるといわれている肉類で、人工の酸化防止剤を使用されてないので安心して食べさせる事ができます。

2、カークランド スーパープレミアム ドッグフード チキン ライス ベジタブル

チキンとライス、野菜を中心としたドッグフード。

チキンが大好きな犬におすすめです。

3、カークランドスーパープレミアムドッグフード(子犬用)チキン&ライス

パピー用でチキンとライスを中心としたドッグフードです。

他のバリエーションは10㎏オーバーしていますが、パピー用は最も少ない容量で、9㎏となっています。

4、カークランドシグネチャー ドッグフード 小型犬用 チキン/ライス/ベジタブル

チキン、ライス、野菜を中心としたドッグフードの小型犬用。

5、カークランドシグネチャー ドッグフード ネイチャーズドメイン 成犬用 サーモン&ポテト

サーモンとサツマイモ、ジャガイモなどを中心としたドッグフードです。

穀類とは違ってポテトは犬にとって大切な栄養補給となる食材です。

ジャガイモなどのポテトはビタミンCやカリウムなど犬にとって必要な栄養が摂取できる食材です。

コストコカークランドドッグフードまとめ

カークランドは、容量が多い事から大型犬を飼育している飼い主や複数犬を飼育する飼い主や家族にとってはうれしいドッグフードといえます。

内容的にもラムやチキンを主原料として使用していて、酸化防止剤や保存料などが使用されていないので品質は高いといえますが、4Dミールを使っている危険性があるなどいくつか気になるフードではあります。

価格的には高いドッグフードではありますが、愛犬の健康を考えればカークランドをはじめとするプレミアム・ドッグフードの方がおすすめです。