無添加プレミアムドッグフードおすすめ人気ランキング

プレミアムドッグフードって?高級なプレミアムドッグフードがおすすめな理由

愛犬の健康・長生きに一番いいドッグフードって結局どれなの?無添加なら安心なの?

市販のドッグフードには危険な原材料が入っているものもあります。

家族である愛犬に幸せに生きてもらいたいのなら、安心できるドッグフードを食べてもらいたいですよね。

【無添加プレミアムドッグフードおすすめ人気ランキング】では、そんな疑問や不安についてまとめています。

本気で愛犬の健康を考えているあなたは必見ですよ。

大切なワンちゃんのために食事はこだわろう!

モグワンドッグフードレビュー

ペットのワンちゃんも大切な家族。

大切な存在の愛犬が食べているものは安全なものを与えていますか?

普通に販売しているものだからと安心していませんか?

私もミニチュアダックスを飼っていますが、このサイトを作るにあたって色々調べてみた結果、今まで気にしていなかったことが気になるようになりました。

有名なブランドならと安心して与えてたドッグフードに、あまり与えたくない添加物が入っていたことに気が付きました。

ワンちゃんに健康で長生きしてもらうためにも、ドッグフードは無添加で健康にいいものだけを与えたいですよね!

こちらではワンちゃんを少しでも健康に長生きさせたい方におすすめなドッグフードをご紹介します♪

【寿命】犬の15歳は長生き?愛犬を長生きさせる長寿の秘訣まとめ

ドッグフードを選ぶ4つのポイント

ドッグフードを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?

値段が安い・無添加・国産ならOKなどなど色々あると思います。

【無添加プレミアムドッグフードおすすめ人気ランキング】では、ドッグフードはグレインフリー・原材料・無添加の3つのポイントで選ぶことをおすすめしています。

1、プレミアムドッグフードであること

プレミアムドッグフードの基準は、1kgあたり1,000円以上であることや、AAFCOマークがついていること、原材料表示が明確であることなどがあります。

安いものには安いだけの理由がありますが、高ければいいわけでもなく、AAFCOマークがついているから安心というわけでもないんですね。

高くても、AAFCO基準に達していても、グレインフリー(穀物類不使用)ではないものもあるんです。

原材料表示や、添加物の有無などしっかりと確認しましょう。

2、グレインフリーのドッグフード

グレインフリーとは、穀類を使用していないこと。穀類は主にトウモロコシ・大麦・小麦・米類の4つです。

元々肉食の犬は、穀類の消化が苦手な生き物です。消化不十分だと食物アレルギー、体調不良につながることがわかってきました。

グレインフリーのドッグフードは消化に優れているため、消化に伴う内臓への負担が軽減できます。

消化がしづらい穀類が体内に残ることによって、アレルギーを発症しやすくなりますが、これが予防できるようになります。

近年のペットの寿命が延びているのも、グレインフリーのドッグフードが増えているからかもしれませんね。

3、ドッグフードの原材料が良質であること

カナガンドッグフードレビュー

市販のドッグフードの原材料は確認してから購入していますか?

実はドッグフードは食品ではないため、人間が食べたら悪影響なものが含まれているものがあります。

では原材料はどういうものを選べばいいのでしょうか。

原材料の表示は多いものから順番に表示されています。

最初に表示されているものが穀類だと紹介に悪いので、肉が書かれているものを選びます。

ここでも注意!「肉」と一言で言っても鶏肉・牛肉などならいいのですが、「肉類」や「ミール」と書かれているものは避けること。

何が混ぜられているかわかりません!

実はゴミでできている?絶対に避けたいドッグフードの原材料の成分とは

4、ドッグフードが無添加であること

『ペットフード安全法』というものが制定されていますが、原材料に含まれる添加物の表示義務はないなどの抜け道があり、完全に安心とはいえません。

市販のドッグフードには、賞味期限を延ばすための保存料や、食いつきを良くするための香料、人間から見て見栄えが良くなるように着色料の使用をしているものがたくさん存在ます。

中には半生状態にするため保湿性のある添加物には発がん性物質が入っていたりと危険がいっぱい。

十分な栄養を補充するため、最低限の保存期間を保つために必要な添加物もありますが、危険で余計な添加物を使用していないものを選ぶのが基本です。

添加物入りドッグフードの危険性って?危険な原材料とその理由

プレミアムドッグフードを選ぶときの注意点

プレミアムドッグフードを選ぶ際には『3つのポイント』がありましたが、実際に購入するときの注意点も押さえておきましょう。

「総合栄養食」の表示がある

「総合栄養食」とは、犬または猫に毎日の主要な食事として給与することを目的とし、当該ペットフードと水だけで指定された成長段階における健康を維持できるような栄養素的にバランスのとれた製品」を言います(一般社団法人ペットフード協会HPより)。

AAFCOが定める栄養基準を満たしている

AAFCOとは「米国飼料検査官協会」の略称で、総合栄養食として必要な栄養素(たんぱく質、脂肪、ミネラル、ビタミンなど)の栄養基準を定めています。

日本のペットフード公正取引協議会もAAFCOの栄養基準を採用しています。

その他、原材料の表示が明確なもの、1kgあたり1,000円以上のもの(良質で動物性たんぱく質の含有量が多いと、これくらいにはなる)などを基準に選びましょう。

口コミで評判のプレミアムドッグフードとは?定義と一般フードとの違い

2017年版!ドッグフード人気ランキング

当サイトがおすすめするドッグフードをランキング形式でご紹介します♪

1位:モグワン

モグワンドッグフード

健康的で食いつきのいいドッグフードに着目したドッグフード♪

試食会では97.8%が食べて、93.3%が継続したいと回答!

保存料として自然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)は使用されていますが、人工甘味料・着色料は一切使用していません。

栄養満点でバランスの良い愛情ごはんを目指し、もちろん穀物は一切使用しないグレインフリー!

モグワンドッグフードは、獣医師も推奨するスペシャルフードなのです。

人間が嗅いでもいい香りで食いつきがとてもいいモグワンですが、香料は使用しておらず、自然そのものの素材の香り。

とにかく食いつきがよくて健康に気を使うならモグワンはおすすめです♪

プレミアムドッグフード『モグワン』の詳細はこちら

2位:カナガン

カナガン

2位はイギリス産高級ドッグフードのカナガンです♪

小粒で食べやすく、栄養バランスも食いつきもいいのに、野菜やハーブも配合されていてヘルシー♪

国際規格「SAI GLOBAL」クラスA取得工場で製造されているので安心!

カナガン一番のおすすめの理由は、すべて人間が食べられる新鮮な食材を厳選しているところです。

素材の栄養を損なわないよう加熱処理がされます。製造ラインはモニターで常に異常がないか監視されていています。

また、製造前と製造後の2回にわたって原材料も製品も厳しくテストが行われます。できあがり後も、3mmまで粉砕しスキャン・スペクトラム分析までしているのです!

さらに全てのパッケージには製造番号が記載。合格したサンプルは12カ月間保管してその品質をチェックしています。

カナガンは安心・安全なドッグフードです。

イギリス最高級のドッグフード『カナガン』の詳細はこちら

3位:ファインペッツ

ファインペッツ

FINEPET’Sはどんな犬種にもどのライフステージにも与えられるドッグフード。

フードの酸化防止剤や防腐剤を使わないで、酸化防止は天然抽出のビタミンEを使っているので安心♪

犬の健康を考えるなら多少お値段が高くても安全なものを安心して与えられるFINEPET’Sがおすすめです。

また、FINEPET’Sはアレルギーの原因となる素材が入っていないので、食物アレルギーを起こすことはありません。

アレルギーのあるワンちゃんにはFINEPET’Sを与えてみてください。

初回限定1,000円で試せますよ♪

FINEPET’Sドッグフードの詳細はこちら

4位:ブッチ・ドックフード

ブッチドッグフード

ブッチ・ドッグフードは、プレミアムドッグフードの定義「AAFCO(米国飼料検査官協会)」マークが付いている、ペットフードの栄養基準をクリアした商品。

ドライフードをなかなか食べてくれないワンちゃんにはこの肉本来の水分含有量と必須栄養素は入ったブッチ・ドッグフードが超おすすめ♪

生タイプって添加物が入ってるんじゃないの?って思うかもしれませんが、半生タイプに使用される添加物「プロピレングリコール」は使用していません。

グルテンフリーで穀物由来の原料は一切使っていなくて、肉だけでなく野菜も採れるニュージーランド産の最高等級ドッグフードです。

無添加プレミアムドッグフード『ブッチ』の詳細はこちら

5位:Dr.ケアワン

Dr.ケアワン

愛犬の寿命を支えるケアワンが第5位です♪

こちらはシニア犬向けの国産無添加ドッグフードで、シニア期に必要な栄養をしっかりと補うことができます。

全原料人間が食べられる素材で安心♪

老犬になってくると、関節機能の低下や筋力・免疫力の低下を伴います。

特に、足腰に不安が多い胴長犬種、ミニチュアダックスなんかはこちらがおすすめです。

動物栄養学博士が監修したドッグフードなので、健康と寿命が気になる方は必見!

国産無添加ドッグフード「Dr.ケアワン」の詳細はこちら

ドッグフードのおすすめ度&価格比較一覧

≪表はスマホでは左右にスクロールできます≫

ドッグフード名 内容量 / 価格 評価
モグワン 1.8kg / 3,960円 ★★★★★
カナガン 2kg / 3,960円 ★★★★★
FINEPET’Sドッグフード 1.5kg / 1,000円 ★★★★★
アランズ ナチュラルドッグフード 2kg/3,960円 ★★★★☆
ナチュロル 1.7kg/4,980円
(初回30g/100円)
★★★★☆
オリジン 2kg / 5,460円 ★★★★☆
アカナ レジオナル 2kg / 6,264円 ★★★★☆
ニュートロ 2kg / 2,700円 ★★★☆☆
カークランドチキン&ライス 12kg / 3,800円 ★★★☆☆
ナチュラルハーベスト 566g×2 / 3,132円 ★★★☆☆
ロイヤルカナン 2kg / 3,035円 ★★☆☆☆
サイエンスダイエット 3kg / 2,260円 ★★☆☆☆
ドクターズチョイスドッグフード 3kg / 3,672円 ★★☆☆☆
ユーカヌバ 7.5kg / 4,780円 ★★☆☆☆
シーザー 100g×24個 / 3,312円 ★☆☆☆☆
ペディグリー 2kg / 700円 ★☆☆☆☆

失敗しないドッグフードの選び方

ドッグフードを選ぶ基準をもっと詳しく知りたい 子犬用ドッグフードを選びたい
成犬用ドッグフードの選び方 子犬用ドッグフードの選び方
愛犬の健康を考えたドッグフードの失敗しない選び方を知りたい方におすすめ♪ 初めて飼う子犬に安心して与えられるドッグフードを選びたい人におすすめ♪

詳細へ

詳細へ

老犬用ドッグフードを選びたい 肥満犬用ドッグフードを選びたい
シニア犬用ドッグフードの選び方 肥満犬用ドッグフードの選び方
シニア犬の健康と長生きにいいドッグフードを選びたい人におすすめ♪ 太ってきたワンちゃんの健康維持とダイエットに最適なドッグフードを選びたい人におすすめ♪

詳細へ

詳細へ

口コミで好評価!評判の良いドッグフードとは?

楽天の口コミで評判の高良いプレミアムドッグフードは、国産で無添加のものが人気。

中でも吉岡フードの「オンリーワンフード」は、レビュー数も多くリピート率も高い人気商品です。

高評判のポイントは、食いつきが良く体調に合わせたオーダーメードな点でした。

ランキングの上位にあるのは「ナチュラルドッグフード」。

口コミを見ると「軟便気味だったのが調子良くなった」「目ヤニが少なくなって涙やけが良くなってきた」「お腹の皮膚炎が綺麗になってきた」「公園でいつも会う方に毛並みがキレイになったねと言われた」など様々な嬉しい声がたくさん聞かれました。

2017年で一押しはモグワンで決まり!

モグワンドッグフード

いろいろご紹介しましたが、「1つだけ」選ぶとしたら、モグワンをお勧めします。

モグワンは食いつきがよく、健康だけでなくカロリーも脂肪分も少ないため、おやつとして与えるのもいいと思います。

年齢を重ねると足腰も弱くなるのでコンドロイチンが入っている点もおすすめの理由の一つ。

すべて人間も食べられる厳選した原材料で、野菜とフルーツがたっぷり入って栄養バランスがいい!

新鮮なチキン生肉だけでなく、生サーモンもふんだんに入っていて高たんぱくです。

原材料はいたってシンプルなので、いろいろなトッピングにも合います♪キャベツやトマト、キュウリなどをトッピングしてみてはいかがでしょうか。

健康に良くてワンちゃんも喜んでくれる、モグワンドッグフード。

飼い主のあなたも安心して与えられますよ♪

プレミアムドッグフード『モグワン』の詳細はこちら